Fケータイのカメラを比較してみる。

くまめがね恒例(?)のケータイカメラを比較してみるのコーナー!

個人的には、メール、通話、iモードの次くらいに、よく使う機能が「カメラ」です。
そんな私なりに、比較してみようと思います。

撮影場所は、浅草寺雷門。
全て「オート」で、一番大きな解像度で保存したものを、Flickrにアップロードしました。
Fシリーズと比較するために、SO905iCSとPowerShot G10で撮影したものも載せておきます。
クリックすると大きなサイズで見られますので、良かったらどうぞ。

F-01A
F-01A

F-02A
F-02A

F-03A
F-03A

F-04A
F-04A

SO905iCS
SO905iCS

Powershot G10
PowerShot G10

F-02AとF-04Aは、同じユニットを使っているので、同じような写真になります。
ちょっと赤くなっちゃうんです。
気のせいかもしれないけど、F-02Aの方が、赤みが強いかも?
電球の下などで撮ると、この傾向が顕著に表れます。
ホワイトバランスを「電球」にすれば改善されますが、もう少しチューニングして欲しかったなーと思うところです。
人物を撮ったことはありませんが、肌の色には影響しないのかな?ちょっと心配。

F-01AとF-03Aも、同じユニットだと聞いていたのですが、撮ってみると違う結果になります。
チューニングが違うのかな?
F-01Aは、ほんの少し明るくなります。
コントラストを上げたような感じ。白っぽくなりますね。
F-03Aの方が、自然な色に近いような気がします。

僕の主観ですが、一番自然な色に撮れるのは、F-03Aだと感じています。
スライドのタッチパネルだから、撮りたいときにさっと撮れるし、カメラの使い勝手は良いんじゃないかな?

まぁ、ここからは、雑感。

F906iの時に、カメラ微妙だなーっていう意見が多かったけど、今回、F-01Aを手渡された時は、明るくて綺麗に撮れるなーと感じました。
でも、自然な写真かどうかは別問題。
F-02Aを使ったときは、どーしてこんなに赤いんだ・・・と落胆したことも。
(蛍光灯の下で、明るい場所だったら、全然大丈夫なんですけどね。)
F-03Aは、最初に使ったときから「おっ」って思いました。
色が自然だったから。
他の機種は「あれ?」って思うことも多かったし。
色の部分は今後も、もっと拘って欲しいなーと感じました。

そんな感じで、ケータイ会議のレビューも残りわずか。
ラストスパートで頑張れ俺!全然頑張れてないけどもな!(涙)

FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

スライドケータイはお好きですか?

今回のケータイ会議では、リレー企画を行っています。一つのテーマをみんなで記事にしてみようというものです。
今回のお題は…

「スライドケータイを使うのは初めて?前にも使っていたらその思い出を、初めての人はその理由を教えてください。」

というもの。
本当は先週の月曜日に、このテーマが出ていたのですが、バタバタしてしまって書けなかったので、今日慌ててエントリーw

ケータイ会議のプロフィールにも、私の携帯遍歴を書いていますが、以前、D902iとSO905iCSを使っていました。
D902iは、もう持っていないんですが、今も持っているSO905iCSとF-03Aを並べて、写真を撮ってみました。
IMG_0339

IMG_0337

スライドケータイの良いところって、何かしたいときに、さっと作業できるところなんじゃないかと思います。
ケータイを開くよりもスライドする方が、さっと出来るし、閉じた状態で色んな事が出来るっていうのも良いよね。

「すちゃっ!」とスライドさせるのも、なかなか気持ちいいんですよw

こんな事を書いたら怒られちゃうかもしれないけどさ、SO905iCSって良かったなーって、改めて思いました。
動作はもっさりだし、光学ズームを入れるために、ぶ厚くなっちゃってるけど、ボタンも押しやすかったし、操作もしやすかったんだよね。
カメラに拘ってるっていうところが、分かりやすくて好きだったな。

F-03Aは、今までにないラウンドのタッチパネルだったり、新しい機能も含まれているので、今後は、その辺もご紹介していこうと思います。

FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

F906iとSO905iCSで写真を撮りくらべ。

F906iの前に使っていた携帯が、SO905iCS。
F906iのカメラの雰囲気が好きで、すっかりカバンの奥底に入ってしまったSO905iCSですが、せっかくなので撮った写真の比較をしてみることにしました。

撮影場所は浅草。
Flickrにフルサイズでアップロードしてあります。
興味のある方は、写真をクリックして「ALL SIZE」を見てください。

F906i

画像サイズ:2048×1536

画質:ファイン

SO905iCS

画像サイズ:2592×1944

画質:ファイン

Asakusa,Tokyo Asakusa,Tokyo
Asakusa,Tokyo Asakusa,Tokyo
Asakusa,Tokyo Asakusa,Tokyo
Asakusa,Tokyo Asakusa,Tokyo
Asakusa,Tokyo Asakusa,Tokyo
Asakusa,Tokyo Asakusa,Tokyo
Asakusa,Tokyo Asakusa,Tokyo
Asakusa,Tokyo Asakusa,Tokyo
Asakusa,Tokyo Asakusa,Tokyo

それぞれの個性が出た写真を選んでみたつもりです。
撮影時間は午後2時?4時位。天候は曇り。

こうやって見比べてみて、自分の記憶をよみがえらせてみると、実際にその日の風景に近い色なのは、SO905iCSです。
でも、ちょっと明るすぎるなぁと思います。もう少し暗い感じでした。
一方、独特な色合いが楽しいF906iですが、個性が強いなって思う人も居るかも。

携帯電話のカメラとしては、トップクラスのスペックを持っている、SO905iCSと比較しても、F906iもなかなかやるじゃん!というのが、率直な感想です。

さて、皆さんはどう思いましたか?

ケータイ会議2メンバーが、F906iで撮った写真をガシガシUPしている、Flickrグループも面白い写真が沢山ありますよ!
Flickr: F906i

ケータイ会議2も残りわずか。まだ使ってない機能がてんこもりですが、メンバーのレビューを参考に、色々試してみたいと思います!
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

「ケータイ会議2」に参加します。

“百式”というブログはご存知ですか?

百式(100SHIKI.COM) – 世界のアイディアを今日も明日も明後日も –

海外のユニークなサイトを、毎日紹介するブログをされています。
決して難しい物ではなく、誰が見ても「へ?!」って言える物が多いのが、百式の面白いところだと思います。

その百式の管理人、田口さんがやられている”IDEA*IDEA”というブログがあります。
IDEA*IDEA – 百式管理人のライフハックブログ
以前、イベント運営の勘所という記事を紹介させて頂いたので、覚えている方もいらっしゃるかも。

このブログの中の企画で「ケータイ会議2」という企画がありまして、私、この度、参加させていただく事になりました。
どんな企画なのかは、こちらの記事をご参照下さい。
『ケータイ会議2 sponsored by 富士通』へのお誘い | IDEA*IDEA

6月4日から勉強会に参加したり、F906iのレビューを書いたりしていく事になります。

このブログを以前から読まれている方はご存知かと思いますが、私は、現在SO905iCSを使っています。
SO905iCSにはSO905iCSにしかない楽しさがあると思います。特にカメラですね。
F906iにも、F906iにしかない楽しさがあるんじゃないか?と思っています。
自分なりに使ってみて、「こんな使い方が出来たよ」とか「こんな使い方が楽しいかも」って思えることを見つけられればいいなーって思っています。

あー、この発言、かなりハードル上げたな、俺w

普段持ち歩く携帯電話だからこそ、楽しく使いたい!
そんな気持ちでございます、はい。

とりあえず、使い倒しますよー!w
つーか、もう、保護シート買っちゃったwww

エルビス・コステロのアルバムも買いました。
すごくいいよー!。

FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

SO905iCSのソフトウェアアップデート第2弾。

5月28日から、SO905iCSのソフトウェアアップデートが始まっています。
SO905iCSのソフトウェアアップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

アップデートの内容を引用しておきます。

  • 伝言メモに録音された音声が小さい
  • 着信してすぐに発した声が、相手に聞こえない場合がある
  • メールの自動受信が出来ない場合がある
  • iモード問合せをすると「メールがいっぱいです」と表示され、待受画面に戻る場合がある

私が実際に使っていて起きたトラブルは、「メールがいっぱいです」というものです。
一度起きただけだし、どんなタイミングで起きたかも覚えていないのですが、ちょっとだけびっくりしました。
その時は、電源をON/OFFしたら直りました。

アップデート終了後は、受信メールの閲覧等が、ほんの少し、キビキビ動くようになった気がします。
ところで、このソフトウェアアップデートというのは、自動的に行われるようになっています。
画面にアップデートのアイコンが表示されると、翌日の深夜3時位に自動的にダウンロード→アップデートが行われます。
前回のアップデートの時(3月)は、更新が発表された日に、アイコンが表示されたのですが、今回は昨日になってから、アイコンが表示されました。
どういう仕組みでアップデートの通知がされるんだろうって、ちょっと気になりました。

W61Sの写真をSO905iCSで撮ってきた。

5月3日に発売された、auのサイバーショット携帯、W61S。

Cyber-shot(TM)ケータイ W61S | au | Sony Ericsson

Cyber-shot™ ケータイ W61S | CDMA 1X WIN | KDDI株式会社

友人が早速機種変更したので、写真を撮らせて頂きました。
タイトルの通り、W61Sを、SO905iCSで撮りました。

写真をクリックすると、Flickrにて大きなサイズで表示されます。

正面。
W61S
SO905iCSよりも、更に長方形な形。
ボタン周辺は、透明でツルツルしたボタンです。
残念ながら、JOGは搭載されていません。
SO905iCSは、十字キーや、その周辺も立体的なデザインのボタンです。
W61Sは、フラットなボタンです。

スライドさせた状態。
W61S
光沢があって綺麗なテンキーです。
SO905iCSは、テンキーに、ざらっとした滑り止めのような加工がしてあり、キーが押しやすくなっていました。
一方のW61Sは、透明のツルツルとしたボタンです。
好みが分かれるところですね。

スライドさせた、裏面。
W61S
カメラの起動ボタンを押すと、レンズカバーが開いて撮影可能状態になります。
カチャッという小さな音と共に、小気味良く開くレンズカバーは、気持ち良いですね。
通常、スライド携帯は、スライド部にレールのような溝がある機種が多いと思います。
SO905iCSもレールがあります。
しかし、W61Sにはレールがなく、フラットなデザインになっています。
これはかなり素敵です。
裏面は、マットな素材を使っていて、見た目も質感も良いです。

ワンセグのアンテナ。
W61S
カメラのレンズの上部にあります。
ワンセグ、Bluetoothが、W61Sには搭載されています。
SO905iCSには、ありません(涙)
ワンセグの画面も見せていただきましたが、非常に綺麗な画面でした。

サイド。
W61S
厚みを、タバコの箱と比較してみました。
大体同じくらいですね。
一番右が、シャッターボタン。
その隣が、カメラ起動のボタンです。
SO905iCSは、シャッターボタンを長押しで、カメラ起動します。
W61Sは、カメラ起動ボタンを短く押す→カメラ、長く押す→動画となっています。
これは便利かも。

操作した感じは、かなりサクサクしているように感じました。
特にカメラの起動は、W61Sが断然早いです。
(もしかしたら、設定によるのかもしれませんが…。)

正直、SO905iCSに、ワンセグとBluetoothが付いてたら、どんだけ幸せだろうって思ってしまいました。
ワンセグもBluetoothも、そんなに使うとは思わないのですが、W61Sが、ちょっと羨ましかったです(笑)

また、機会があったら、触らせてもらおうと思います。

楽天で調べてみたところ、液晶保護フィルムは、367円のようです。
【メール便で送料無料】パーフェクトガードナー W61S専用


楽天のW61S関連商品は、こちら。

W61S、本日(やっと) 発売!

auのサイバーショット携帯、ソニーエリクソンのW61Sが、やっと発売になりました。

「Cyber-shotケータイ W61S」、5月3日発売 – ITmedia +D モバイル

W61Sが発表された時には、
そりゃないぜ、ソニエリ!!(笑) : W61S – くまめがね
なんて事も書きましたが、この記事を書いたの、1月30日ですからねw
早速、友人が機種変更するっと言っていたので、機会があったら触らせて貰おうと思っています。

SO905iCSに機種変更して、約3ヶ月経ちました。
今言える事は、
「この機種に変更して良かった!」
という事です。
写真を気軽に撮って、それをみんなで見たり、Webにアップしたりするのが、物凄く楽しいです。
これからW61Sユーザーになる方にも、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

SO905iCSで、パノラマ撮影。

SO905iCSに機種変更してから、2ヶ月が経過しました。
やっぱり、気軽にきれいな写真が撮れるって楽しいですね。

2ヶ月経ったのに、まだ使ってなかった機能がありました。
それは「パノラマ撮影」です。
SO905iCSのパノラマ撮影は、2種類のサイズから選ぶ事が出来ます。
「通常パノラマ」は、VGAを4枚。
「360°パノラマ」は、QVGAを10枚。
一枚目を撮影すると、ガイドが表示されるので、それに合わせてカメラを平行移動すれば、後は自動的にシャッターが切れるようになっています。

先日、六本木ミッドタウンの前を通ったので、パノラマを使ってみました。

クリックすると、パノラマ画像が開きます。
通常パノラマ写真

360°パノラマ写真

これ、使い方によっては、すっごく面白い写真が作れそうですね。
多重露出の真似とか、面白そうかなって。

横ばっかりじゃつまらないので、縦の写真も撮ってみました。

縦の写真は、VGAサイズを、3枚つないであります。
こんな遊びも楽しいですね。

今まで使ってなかったけど、色んな使い方を試してみたくなりました。
また、撮る機会があったら、UPしてみますね。

SO905iCSで、近所の野良猫を撮影。

家の近所を歩いていたら、猫が、車の屋根に乗っかっているのを発見。
SO905iCSのカメラを起動しつつ、ズームを操作しながら、猫に近づいてみました。
慣れてるみたいで、結構近づけたので、一枚だけ撮ってみました。

クリックすると、Flickrで大きな写真が見られます。
Machiya,Tokyo

安いコンパクトデジカメ位は、撮れてるんじゃないかな?
ズームが付いてると、こういうときに、役立ちますね。
光学ズーム、かなり使えるなーって思いました。

SO905iCSを使って、大分経ちましたが、気軽に写真を撮る楽しさが増えたのが、一番嬉しいですね。
あちこちで、パシャパシャ撮ってるので、友達に

「(林家)パー子みたいだね」

って言われたりします(笑)

まぁ、それも良いんじゃないかと(笑)

W61Sの、ホットモックを触って来ました。

仕事帰りに、原宿のKDDIデザインスタジオで、W61Sのホットモックを触って来ました。
閉館時間間際で、少ししか触れなかったのですが、ちょっとだけ感想を書いておきます。
写真は、SO905iCSのマクロモードで撮影、クリックでFlickrへ飛びます。

au W61S Sony Ericsson

気になるボディサイズですが、SO905iCSと、殆ど変わりません。
大きなレンズカバーが無い分、W61Sの方が、ほんの少し薄いだけでした。
もっと、すっきりしたデザインだと思ってたのですが、意外と大きくて、ビックリしました。
操作ボタン等のデザインは、個人的にはSO905iCSの方が好きかな。
W61Sは、操作部がフラットなデザインですが、立体的に作られたSO905iCSの方が、指のフィット感が良い様な気がしました。

シャッターボタンの横に、カメラの起動ボタンがあり、長押しするとカメラが起動します。
レンズカバーが、自動的に開く仕組みです。
SO905iCSは、レンズカバーを開けるのは手動ですが、そこの部分に擦り傷がついてしまうので、W61Sのような自動で開閉するカバーの方が、見た目もスッキリして、良いかもしれませんね。
ゴミが入ったりし易そうな感じもあるので、故障しないか、少し心配。
起動のレスポンスはまずまずでした。
AFのスピードは、SO905iCSより、ほんの少し速いような気がしました。
気がしただけかもしれませんが…。

色んな機能を試したかったのですが、館内に「蛍の光」が流れ始めて殆ど試せず…w

率直な感想は「思ってたよりデカい!」です(笑)
でも、ワンセグが観られて、Bluetoothも内蔵って、凄いなーと思います。

4月25日まで、イメージキャラクターの、小栗旬さんのフォトギャラリーを開催しています。
W62Sのホットモックもあるので、興味のある方は覗いてみて下さい。

近いうちに、改めてトライしてみようと思います。

Cyber-shot(TM)ケータイ W61S | au | Sony Ericsson

KDDI au: 製品ラインアップ > Cyber-shot (TM) ケータイ W61S

KDDIデザイニングスタジオ