WordPressのページに、リンク集を作成。

先日、ワードプレスのテーマを変更してから、ちょこちょことテーマの中身を変更しています。
本来であれば、全部変更し終わってから「よし!公開!!」となる訳ですが、なんつーか、この適当具合が、俺らしいっちゃー俺らしい訳で(笑)

ワードプレスには、リンク集を作る機能が予め搭載されており、カテゴリ分けしたリンク集を簡単に作る事が出来ます。
リンク集の中身が増えてくると、サイドバーにずらずらーっとリンク集があるよりも、ページにまとまっていた方が個人的には見やすいような気がします。
という訳で、サイドバーにあったリンク集を、ページに移してみました。
その作業メモ。

以前、Tag Cloudをページに表示させる方法を書きましたが、それの応用です。
Simple Tagsを使って、タグクラウドページを作成。 by くまめがね

テーマに含まれる”page.php”というファイルを、コピーして複製し、分かりやすい名前に変えて保存。
(ここでは、”links.php”にします。)
“links.php”をテキストエディタで開き、

<?php /*
Template Name: links
*/ ?>

というコードを、文頭に追加します。
ワードプレスのテーマエディタでは、Template Nameで指定した”links”が表示されるようになります。

テーマによって、若干異なるかもしれませんが、links.phpの中にある、<div class=”entry”>の下に、

<?php wp_list_bookmarks(); ?>

というコードを追加して保存し、サーバーのテンプレートフォルダ内にアップロードします。

ダッシュボードの”新規ページ作成”を選び、タイトルを”Links”等にします。
作成ページの下の方にある、”詳細オプション”の”ページテンプレート”を”links”にします。

ページ順序はお好みに合わせて…。

後は保存して、確認してみてください。
ページのメニューに、Linksが表示されて、リンク一覧が表示されていれば成功です。

私のサイトでは、
http://kuma-kigurumi.breakarea.com/link/
のようになっています。
個人的には、前より見やすくなったなーと思っています。

wp_list_bookmarksは、パラメーターを変えれば、表示形式を変更する事が出来ます。
私は、パラメーターを以下のように変更しています。

<?php wp_list_bookmarks(‘category_orderby=id&orderby=id&show_description=1’); ?>

「リンクカテゴリをID順、リンク表示順をID順、リンクの概要を表示する」という状態です。
タグ・パラメータの説明は、CODEXをご参考にしてください。
テンプレートタグ/wp list bookmarks – WordPress Codex 日本語版
お好みで色々変えてみて下さい。

リンクの概要を手抜きしていたので、暇を見つけて、ちょこちょこ書き直していきまーす。

ファビコン:favicon.icoの作り方。

ファビコン、favicon.icoってご存知ですか?

画像を見て、「あー。」って思った方も多いと思います。
お気に入りやブックマークの前や、ブラウザのURLを入力する欄に表示される、サイトのトレードマークのようなものです。

このファビコンを簡単に作れるサイトをご紹介。

Favicon Japan!! -16×16の小宇宙ファビコン-

日本語で書かれていて、色んなファビコンの一覧を見ることも出来ます。
画像を読み込ませるだけで、ファビコンを作ってくれる機能もあります。
設置方法の解説も丁寧です。

favicon.ico Generator

海外のサイトですが、シンプルで分かりやすいです。
元の画像を読み込ませて、色やデザインをエディットする事が出来ます。

くまめがねのファビコンも、作り直してみました。

拡大すると下膨れですが、ブラウザで見ると、殆ど分からないので、おk(笑)

HTMLが変更可能な、Seesaa等のブログサービスだったら、気軽に変えられるので、どうぞお試し下さい。

WordPress 2.5 日本語版リリース。

ついに日本語版も公開されました。

WordPress | 日本語 ? WordPress 2.5 日本語版リリースのお知らせ

早速インストールしてみましたが、日本語で作業が出来るのって、本当に嬉しいですね。
開発の皆様には、本当に感謝しています。

上のリンクにも書かれていますが、ワードプレス2.5から、動作環境が変更になっています。

動作環境
WordPress 日本語版 2.5 以降

  • PHP バージョン 4.3 以上
  • MySQL バージョン 4.0 以上

WordPress 日本語版 2.3

  • PHP バージョン 4.2 以上
  • MySQL バージョン 4.0 以上

インストールされる方は、PHPのバージョンのご確認をお忘れなく!

WordPress 2.5がリリースされたようです。

WordPress ? Blog ? WordPress 2.5

…と言っても、日本語版は、もう少し後かな?
日本語版のRC1は、一旦クローズされていたようですが、こちらで公開されているようです。

WordPressの公式サイトも、新しいワードプレスに合わせたデザインになりましたね。

(画像を追加しました。)
賛否両論の色合いのようですが、僕個人的には、すっきりした色合いで好きですね。
綺麗なブルーだと思います。

このくまめがねも、近日中にアップグレード予定です。

WordPress Japan閉鎖。本家WordPressに日本語フォーラム誕生。

WordPressを日本語にローカライズして公開していた、WordPress Japanが、今月いっぱいで閉鎖する事になったそうです。

WordPress Japan DB ? WordPress Japan 閉鎖のお知らせ

ご存知の方も多いと思いますが、WordPressには色んなバージョンがあります。
このWordPress Japanが公開していた、WordPress MEというバージョンは、日本語環境に適していなかったワードプレスを、日本語で使いやすいようにローカライズした物でした。

元々ワードプレスは、オープンソースですし、改変自由なので、日本の有志の方が開発・公開していたものです。
しかし、開発は2.2.3で止まっている状態でした。
本家のワードプレスも、日本語版を現在公開しており、MEを使う必要が無いというのが、現在の状況です。
更に、今後開発されないとなると、WordPressMEを使い続けるのは、あまり好ましい状況とは思えません。
MEをお使いの方は、本家のワードプレスの日本語版、2.3.3jaにアップグレードされるのが好ましいと思います。

それにしても、あまりにも急なお知らせにびっくりしてしまいました。

僕が最初にワードプレスに触れたのは、MEでしたが、その時から、MEと本家のWordPressが混在していて、ユーザーにとっては、ちょっと分かりづらい状態だったと言えると思います。
今後、ワードプレスを始める方が、混乱することなく使えるのは、良い状況かもしれませんね。

ワードプレスの楽しさを知ることが出来たのは、MEに出会ったからだと思っています。
MEを開発されてらした、有志の皆様には、「本当におつかれさまでした」と伝えたいです。

そして、

本家WordPressの日本語サイト、WordPress | 日本語に、日本語フォーラムが出来ました。

WordPress | 日本語 ? 日本語ローカルフォーラム開設のお知らせ

今後は、こちらで様々な情報を手に入れることが出来そうですね。

WordPress 2.5 RC1-jaにしたら、不具合が。現在公開中止。

※現在、2.5 RC1-jaの公開は、停止されていますのでご注意下さい※
アップグレードしてから、公開が停止されているのに気づきました(笑)

WordPress 2.5 RC1の日本語版、RC1-jaに変更してみました。
例によって、サーバーのファイルを、全て上書きでアップグレードすると言う、暴挙に出たのですが、不具合が出てしまいました。

下書きの自動保存が行われる際に、保存時間が表示されるのですが、そこが表示されませんでした。
また、パーマリンクを入力する部分も、表示されませんでした。
最初は、普通に記事を書くことが出来たのですが、保存後にダッシュボードに戻ろうとすると、画面が真っ白になるというトラブルもありました。
その後、ログイン画面は表示されますが、ダッシュボードが表示されず。
Ajaxを使っていると思われる部分が、上手く動いていないようでした。

結局、2.5 RC1を再び上書きインストールする事で、上記の現象は回避されました。
しかし、日本語の言語ファイルは残ったようで、管理画面は日本語化されました。
良いのか悪いのか(笑)

ワードプレス 2.5 RC1-jpのダッシュボード画像です。
日本語メニューになるのは、ありがたいのですが、トラブルが起こる可能性がありますので、アップグレードは様子見した方が良さそうな気がします。

2.5 RC1-jaの公開は、現在ストップしているようです。
やはり不具合があったのだと思われます。
ダウンロードして、データをお持ちの方も、アップグレードはされないようにしてください。

WordPress 2.5 RC1 : アップグレード時のちょっとしたトラブル

※WordPress 2.5 RC1は、開発版です。インストール・アップグレードは自己責任でお願いします※

WordPress2.3.3から、2.5 RC1にアップグレードした時に起きたトラブルを、メモしておこうと思います。

○投稿作成画面のビジュアルエディタのボタンが、一部使用不能に。
リンク作成・画像挿入等のボタンを押した時に、Java Scriptを使ったミニウィンドウが表示されて、リンクURL等を指定する事が出来ます。
その時、ミニウィンドウが表示されるものの、ウィンドウの中身が表示されないというトラブルが起きました。
Firefox2を使っているのですが、それのキャッシュをクリアする事で、トラブルが回避できました。

このトラブルは、使っている環境等に依存する物で、WordPress2.5へのアップグレードには、直接影響無いかもしれませんが、一応、メモとして、書いておこうと思います。

他のトラブルは…

今のところ無いんですよね。

もっと、色んな事が起きるんじゃないか?と思ってたんですが、大きなトラブルは起きていないようです。
さすが、WordPress。
使っているプラグイン周辺など、改めて調べてみたいと思います。

WordPress 2.5 RC1は、プラグインのアップグレードが簡単!

WordPress2.3.3から、プラグインを動かしたまま2.5 RC1にアップグレードするという、暴挙に出た事でお馴染みの、くまでございますw
普通、プラグインを停止したり、別場所で一旦テストしたりするものですが、私みたいに、いきなり上書きをしても、ちゃんと動いてしまうのが、WordPressの凄いところ。
※WordPress 2.5 RC1は、開発版です。インストール・アップグレードは自己責任でお願いします※

今までも、色々と便利な機能はありましたが、また便利な機能が追加されています。
2.5からは、プラグインのアップデートが簡単になりました。

今までも、プラグインの管理画面には「新しいバージョンが出ています。ダウンロードして下さい」というようなアラートが表示されるようになっていました。
これだけでも十分便利です。

更に今回は、自動的にダウンロードとインストールをしてくれる機能が追加されました。

1:ダッシュボードから、「プラグイン」を選びます。
upgrade automaticallyと書かれている場所をクリックします。
WordPress2.5のプラグイン管理画面

2:自分のサーバーのホスト名、ユーザー名、パスワードを入力して、「Proceed」をクリックします。
(FFFTP等に設定している、IDやパスワードです。WordPressのIDとは異なる場合があります)

WordPress2.5 Plugin Upgrade Menu

3:自動的にダウンロード→解凍→インストールが行われます。
「Plugin upgraded successful」が表示されれば完了です。

WordPress2.5 plugin Upgrade menu

今までは、「PCにダウンロードして解凍→サーバーにアップロード」という手順が必要でしたが、その必要が無くなりました。
対応していないプラグインは、今まで通りの扱いとなりますが、この機能は、非常に便利ですね。

どんどん、痒いところに手が届くようになっています。
正式版のリリースが待ち遠しいですね。

WordPress 2.5 RC1にアップグレードする時は、全て上書きで!!

※WordPress 2.5 RC1は、開発版です。インストール・アップグレードは自己責任でお願いします※

先ほど、WordPress 2.5 RC1にアップグレードしてみたという記事を書いた際に、
「プラグイン管理画面が表示されない」
という記載をしましたが、それの原因が分かりました。

解凍したWordPress 2.5 RC1のファイルで、全て上書きして下さい。
私は、最初、変更のあったファイルだけをアップデートしていましたが、それだけですと、プラグイン画面が表示されないようです。

必ず、全てのファイルを上書きしてください。

結果は、こんな感じです。

WordPress2.5 RC1 プラグイン画面が出た。

よかった…ちゃんと出ました…。

今日はこれまで!なんて、さっき書いたのに、悔しくて色々やったら、出来ました(笑)

あー疲れた(笑)