Podcastのタイトルタグ – RSS2.0の文字化け対策

くまめがねを、Yahoo!Podcastに登録してみました。
配信一覧が見られるようになるのですが…。

Yahoo!ポッドキャストで文字化け
ご覧の通り、全てのタイトルが文字化けしています。
以前、昭和荘でも起きた問題です。

とりあえず、Seesaaのサポートさんにメールをしてみました。
「MP3ファイルに設定されているIDタグ」に問題があるとの回答を頂きました。
僕は、Podcastを作成する時に、MP3ファイルを作成した後で、iTunesに放り込みます。
そこで、タイトル・アーティスト名・アルバム名を登録します。
そして、アートワークを登録しています。

ここが問題点だったようです。

番組のタイトルを登録する時に、Windows版のiTunesを使って登録すると、文字化けが起きてしまうようです。
これは、iTunesの問題のようですね。
WindowsのiTunesで作成した音楽データを、Macに移動して登録しても、同じような現象が起こります。

これを、Podcast作成の時に回避する為には…。

完成したMP3ファイルを右クリック。
「プロパティ」を選んで、「概要」→「詳細設定」を選択。
この画面で、タイトル等を登録すると良いでしょう。
アートワークを追加する場合は、先にiTunesでやってからがいいかな?と思います。

時間がある時に、画像つきの解説を作ってみますね。
多分、今後は大丈夫じゃないかな?と思います。

あーすっきりしたw

本屋に行って来た。

調べ物があったんで、本屋に行ってみた。
必要とあらば、購入するつもりだったんだけど、地元の本屋では見つからなかった。
でも、気分転換に色んな本を見て周った。

ちょっと気になった雑誌をご紹介。
サウンド&レコーディング・マガジン2008年1月号
サウンド&レコーディング・マガジン2008年1月号
いつも読んでいる本なんだけど、今回はU2が表紙。
さいたまスーパーアリーナのライブを思い出すなぁ…。

気になった記事が、
「ミックスで使えるヘッドフォンが欲しい!」
です。
僕は、ずっと、SONYのMDR-CD900STというヘッドホンを使っています。
昔、音楽に関する仕事をしていた時に、高いなぁ…と思いながらも、勉強も兼ねて買ったヘッドホン。
未だに殆どのスタジオで使われている名器です。
今回の記事では、900ST以外にも、色々なヘッドホンが紹介されていました。
もっと柔らかい音の、音を楽しむという部分もありながら、ミックスに使える、トータルの音も聞けるヘッドホンが多いような気がしました。
一万円以上するものばかりですが、良さそうだなって思うものも、幾つかありました。
自分のPodcastを、ヘッドホンで聞いてみると、色んな音が聞こえたりとか、面白いですよ。

900STは密閉式なので、長時間つけていると、耳が痛くなります。
もしかしたら、イヤーパッドがへたっているのかもしれないなぁ…。
長い期間使ってるし、ドライバー交換とかしてみようかな。

このMDR-CD900STっていうヘッドホンは、大型の家電量販店でも、取り扱われるようになりましたが、楽器店等での扱いが、メインです。
SONYという名前ですが、Sony Music扱いなのです。
修理も、メイクアップカンパニーという会社が、独占して行っています。
いわゆる、業務用ですので、プラグも普通サイズだったりと、ちょっと違う扱いですが、いい商品だと思いますよ。

あーでも、そろそろ違うヘッドホンにしてみようかなぁ…。
PCのスピーカーも変えたい…。

ちょっと物欲が沸いてしまいました(笑)

EDIROL R-09 ボーナスパックキャンペーン

IT Media Newsを見ていたら、こんな記事を見つけました。

EDIROL製品に「Cakewalk Production Plus Pack」無償バンドルキャンペーン(IT Media)
DTMをやってみたい!って言う人や、Podcastをしながら、音楽作ったりしたい!っていう人にも、良いと思うな。
一番安いUA-25だったら、2万円台で買えると思うので、かなりお得なセットだと思います。
昔は、こういうのは、何十万も出さなきゃ出来なかったのにね…ボソ

おっさんの戯言はさておき…。

その記事の後半にこんな内容が…。

WAVE/MP3レコーダー「R-09」のボーナスパックキャンペーンも同時に開始。波形編集ソフト「Sound it 3.0 LE」(Windows/Macintosh)とオリジナルシリコンケースを無償バンドルする。

キャンペーンのサイトはこちら。
前まではシリコンケースだけだったけど、今度は波形編集ソフトまで付けちゃう太っ腹ですw
機能制限版が、どの位制限されているのかは分かりませんが、優待バージョンアップも出来るし、windowsでも拡張Podcast作ったり出来るしね。

ZOOM H2もよろしくw
Podcasterで、ZOOM H2ユーザー増えないかなぁ。

SONY リニアPCMレコーダー PCM-D50

96kHz24bitレコーディングが可能で、内部メモリが4GBあるので、最高音質の設定でも、1時間55分の収録が可能。
メモリースティックを増設可能で、増設すれば倍の時間の収録が可能です。

マイクの角度を変えることが出来て、指向角の狭いXYステレオ、指向角の広い、ワイドステレオの2種類の収録が可能です。
マイクの向きを変えるだけで、自動的に内部設定も変わるそうです。
デジタルコンプにLocut設定など、フィールドレコーディングに適した機能も、もちろん搭載されています。

非常に素晴らしい性能ですが、価格も素晴らしく59,800円。
このスペックを分かる方に、購入していただきたいですね。

これで、ポッドキャスト作ったら、どうなるんだろうw
結局MP3に変換するにしても、元音が良いに越した事はないしね。
ちょっと試してみたいw

ソニー製品情報 | Linear PCM Recorder<リニアPCMレコーダー>

ZOOM H2でMP3に変換。

昨日も書いた、ZOOM H2ですが、WAVファイルで収録した音声を、H2内部で、MP3に変換する機能が付いています。

先ほど、5分ほど収録したので、それを試しに変換してみております。

収録したデータは、44.1kHz・16bitのWAVファイル。(約5分)
変換するデータは、128kbpsのMP3。

えーと…全然終わらないんですけどwwwww

さっきから、画面の中で、ずーっと砂時計が回転しています。
ZOOM H2は、ノーマライズ(音のレベルの均一処理)も出来るんですが、それを試した時にも、かなり時間がかかった記憶があります。

あ、終わった。

かれこれ、15分?20分位待たされた気がします。
時間を計っていないので、体感時間だとそんな感じです。

もう、二度としませんw

そういえば、「昭和荘」のmixiコミュニティで、

MP3へのコンバートに、どんなソフトを使ってますか?

っていう話が出てました。
知らないソフトの名前も出てたりして、面白かったです。
こんど、このBLOGでも、まとめてみようかな。

Podcast初心者の方、これから始めたい方向けのサイトって、やっぱ必要だよね。
今あるサイトでも、足りない部分もあるだろうし。

うん。気が向いたら作ってみよう。気が向いたらねw