ThinkPad Edge13″ていうか、ThinkPadの使いやすいところ。

ThinkPad Edge13″をお借りしております。

参加した経緯や、過去の記事はこちらからどうぞ。
より多くの人に向けたThinkPad、X100e、Edge 13”に触れてきた — くまめがね
ThinkPad Edge 13”がやってきた!!(期間限定) — くまめがね

しばらく使わせて頂いて、便利だなーと思ったのが、ThinkPadオリジナルのコントロールパネル類です。
今日は画像を交えてご紹介しちゃいます。

まずは、ThinkVantage Toolbox。
ThinkPad Control Panel
PCの内部診断や、状況の把握が出来ます。
この画面から、色んなメニューに行けるので、コントロールパネルの中を探さなくてもOKです。

こちらは、ThinkVantage Tools。
似てるんですが、外で使ったりするときのワイヤレスLANの設定とかは、こっちから。
ThinkPad Control Panel

このメニューの中にある、Active Protection Systemの設定画面。
ThinkPad Control Panel
ThinkPadの傾きを検出して、ハードディスクの動作を自動的に停止してくれます。
例えば、電車の中などでの使用など、断続的に小さな振動をする場合は、ハードディスクは止まりません。
この辺も、良く出来てるなーと思います。
視覚的に分かると、ちょっと楽しいw

ワイヤレスLANの接続時に使う、Access Connections。
レーダーみたいでかっこいい!!
ThinkPad Control Panel

各社とも、それぞれのブランドの個性が、プリインストールのソフトや、システム設定に現れると思います。
ThinkPadのこういった画面は、非常に見やすくて、分かりやすいし、かっこいい!(ここ重要w)と思いました。
道具としてPCを使うときに、こういう基本的な設定を使いやすくするのは、大事な事なんですよね。
使わないプリインストールソフトが沢山入っていたりするより、こういう風に使い勝手が良い方が、長く使うときに便利だし、次の機種選びの時にも影響すると思いますよ。

そんな感じで、Edge13″には限りませんが、ThinkPadネタということで、一つ書かせて頂きました。

ThinkPad Edge 13”がやってきた!!(期間限定)

1月14日に「レノボThinkPad新機種発表」ブロガーミーティングに参加しました。
その時の記事は、以下をご参照下さい。
より多くの人に向けたThinkPad、X100e、Edge 13”に触れてきた — くまめがね
その際に、希望者にX100eか、Edge13″の貸し出しをして頂けることとなり、私の所に、ThinkPad Edge 13”が届きました。

ThinkPadなのに、真っ赤なボディがイカス!
ThinkPad Edge13"

パカっと開くと、中はブラックです。
「i」のぽっちが光るんですよ!スリープ中はゆっくりと点滅します。
かわいいよThinkPad…。
ThinkPad Edge13"

ぶっちゃけ、今までのThinkPadファンの方の中には、「赤いボディーとか邪道だろ!」と思ってる方もいらっしゃるかも知れませんが、お好みで選んで頂ければと思います。
僕は、ちょっと落ち着いた赤で、光沢なパネルは好き。
指紋付くのは分かってるんですが、やっぱかっこいいんだよなぁ。

ThinkPadと言えば、トラックポイント。
タッチパッドもあるので、お好みで。
ThinkPad Edge13"

せっかくなので、いつも使っているMacBookの上に乗せて、サイズ比較してみました。
ThinkPad Edge13"
上がEdge13″、下がMacBookです。
厚さ、大きさ、ほぼ一緒。
重さは、Edge13″の方が、ちょっぴり軽いです。

あと1週間位ですが、使ってみた感想を、後日書かせて頂こうと思っています。
お楽しみにー!

より多くの人に向けたThinkPad、X100e、Edge 13”に触れてきた

1月14日、アジャイルメディア・ネットワーク様主催のブロガーイベントに参加してきました。

「レノボThinkPad新製品発表」ブロガーミーティング
〜10万円以下のモバイルPCについて考える〜

というイベントで、レノボのノートパソコン、ThinkPadの最新機種「X100e」「Edge 13」にタッチ&トライしてきました。

Lenovo – ThinkPad X100e 登場 -Japan
Lenovo – ThinkPad Edge 13” 登場 -Japan

こちらはEdge 13”。色はブラックとレッドの2色。
ThinkPad

こちらはX100e。色はブラック、ホワイト、レッドの3色です。
ThinkPad

ThinkPadといえば、黒のボディに赤いトラックポイントという、「赤と黒」のイメージが強いと思います。
良い意味で言えば「堅実」なイメージですが、ちょっと、お堅いイメージがありますよね。
「ThinkPadは、それが良いんだよ!」と言う人もいらっしゃるかもしれませんが、今回のモデルは赤や白も用意されており、今までの黒のごついイメージとはちょっと違う感じも、良いのではないでしょうか?
特にEdgeシリーズは、ツヤのある美しいボディです。
指紋は目立ちますが、それはツヤありの宿命ですね。

重量はX100eが約1.4kg、Edgeが1.6kg。
コンパクトなX100eの方が、ずっしり詰まっているような感じがして、何となく重く感じるのが面白かったです。
つや消しボディなのも影響しているのかな?
僕が時々持ち歩いている、MacBook(Late2008)は約2kgなので、かなり軽く感じました。

表面のThinkPadのロゴの「i」の○が光ってますよ。
ThinkPad
Edgeは、内側の「i」も光りますよ。
ThinkPad
こういう細工っていうか、ワンポイントって好きです。
かわいいよね。

ボディを開くと、いつものThinkPadのイメージですね。
手前がEdge 13”で、奥がX100eです。
ThinkPad
今までのThinkPadユーザーの方にも好まれるデザインなのではないかと思います。

キーボードのキーは、薄く出来ていますが、キーのカーブが絶妙で、とっても打ちやすいキーボードでした。
指が置きやすいなーと思いましたよ。
ThinkPad
「ノートPCのキーは打ちにくい!」と思っている人も、直ぐに慣れるんじゃないかな?

今回の2機種の、一番のポイントは「価格」なんじゃないかと、個人的には思っています。
レノボの直販サイトでは、X100eは59,800円〜、Edgeは、79,800円〜購入可能です。
この値段には、正直驚きました。
ぶっちゃけ、安いでしょ。
X100eの59,800円はメモリも1GBだし無線LANも非搭載なので、かなり微妙なスペックですが、63,400円のモデルだとメモリが2GBで無線LANも対応します。
サブノートとしては、十分なんじゃないかな?
Edgeは79,800円のモデルでも、初めてPCを買う人にもお勧めできると思います。
Bluetooth対応、HDMI端子もついています。
CDとかDVDのドライブは無いので、別途購入が必要ですが、初心者ユーザーには、そこら辺のフォローは欲しいかもしれませんね。

この辺の価格設定にするために、レノボの開発の皆さんは、相当苦労されたようです。
安かろう悪かろうでは、ユーザーもがっかりしてしまうでしょうが、今までのThinkPadに負けないボディ剛性、使い勝手を考えて作られたそうですよ。

今まで、ThinkPadユーザーと言えば、僕の中では「ビジネスマン」というイメージがありました。
でも、今回の2機種(個人的には特にEdge)は、学生から社会人になる人が、初めて買う一台とか、大学に入る時に買うとか、そういうビギナー的な人にも似合う一台なんじゃないかな?
ハイスペックを必要としない。でも、ちょっと書類を作ったり、家でネットで遊んだり、友達とメールしたり。
ネットブックは安いし持ち運びに便利だけど、画面も小さいし、なにかと不便なことも多いと思います。
同じ価格帯では無いものの、ちょっと頑張って、こういう機種を選ぶのも良いんじゃないかな?
何よりもカラーバリエーションが増えたのも、一般ユーザーが選びやすいポイントなんじゃないかな?

幅広い人にThinkPadを選んで欲しいという、レノボの意気込みを感じる2機種でしたよ。

今後、ヨドバシカメラなどの量販店にも、続々と展示されるそうなので、興味のある方は、ぜひ触ってみて下さい。
この値段とは思えない、良く出来た商品だと思いますよ!

☆追記
参加された皆様のレビューをまとめたブログパーツを、貼っておきます。
ご参考にどうぞ!

新しいiPod nanoを、ちょっと触ってきた。

今日の深夜に発表された、新しいiPodシリーズ。
近所のビックカメラで、iPod nanoを見かけたので、ちょっとだけ触ってきました。

感じたことを幾つか…。

表面がツルツルになった。
お陰で手が滑ってデモ機を落としたw
動画の画質は携帯レベル。
静止画は撮れない。
ヘッドホンが接続されていないデモ機だったので、音質は確認できず。
よって、FMラジオも確認できず。
文字フォントが変わった。
ボイスメモは便利そう。(ポッドキャスターとしても、使ってみたいw)

こんな感じ。
お手頃な値段なので、ちょっと興味のある人は、買ってみても損はないんじゃないかな?

個人的には、更に大容量になった、iPod classicの方がそそられました。

touchは、iPhoneの存在がある今となっては…。うーん。

僕は、mini→nano→classic→nanoと使っていますが、やっぱりnanoは容量が少ないんだよなぁ。
iTunesでプレイリストを作って、お気に入りの曲と、いつも聞いているPodcastを転送しているけど、正直、プレイリストを作るのが面倒で。
80GBのclassicを使っているときは、ライブラリの全曲+プロモーションビデオを多数入れてても、まだ余裕あったので、それに慣れてしまうと、nanoの容量は物足りなくて。
でも、小さくて快適に持ち運べるnanoは、便利なんですけどね。

新しいiPodが発表される度に、あれがいいなーこれがいいなーって思う訳ですが、今回の中だったら、自分だったら、classicを選んでしまいそうです。
正直、nanoとclassicの両方を買って、使い分けたいのが本心ですw

FONの新しいルーター LA FONERA 2.0が良い感じ。

FONっていうのは、自宅などの無線LANをFONユーザー同士で共有して、みんなでどこでもインターネットしちゃおう!というものです。(くま的超訳)
詳しくは、FONの公式サイトでどうぞ。

fon – WiFi FOR EVERYONE | FONとは

一時期結構話題になってたよね。
FONのメンバーになるには、自宅のインターネット回線にFONのルーターを接続するのが必要なのですが、そのルーターに最新機種がリリースされました。

新しいルーターは、LA FONERA 2.0。
lafonera2

USB接続の外付けハードディスクを接続する事が可能で、簡単にネットワークストレージ環境を作る事が出来ます。
更に、そのハードディスクの中の指定したフォルダに動画を入れると、自動的にYouTubeにアップしてくれたり、Flickrに写真をアップしてくれたりする機能も搭載されています。
プラグインの追加が可能で、新しい機能も追加される予定との事。

自宅に無線LAN環境が無い方や、ネットワークストレージを試してみたいと思っている方には、なかなか良いルーターなんじゃないかな?と思います。

僕の今の家は、光回線が来ているのですが、MacBookとは有線LANで接続。
USBで外付けHDDを接続してTimeMachineでバックアップを取ったりしています。
このルーターを導入したら、かなり便利な環境になるんじゃないかなー。

FONユーザーとしての恩恵もうけられるし、ちょっと面白い商品だなーと思いました。

photo

FON LA FONERA 2.0 (ラ・フォネラ2.0) FON機能搭載 無線LANルータ FON2202E
フォン・ジャパン 2009-06-25
売り上げランキング : 36

by G-Tools , 2009/06/25

VAIO type Pを見て、思った事。

話題のVAIO type Pが、いよいよ発売ですね。

icon
icon

すでに私の周りでも、購入を決めたという話をちらほら聞いております。
先日、ヨドバシカメラで展示品をちょっとだけ触ってきましたが、今までのnetbookよりも、もっと気軽に持ち歩けそうな感じですね。

自分でもすっかり忘れていたのですが、私は大のSONYファンでした(あれ、過去形になってる・・・w)。

Walkmanに憧れた小学生時代。
Diskmanに憧れながら、放送室でベータカムをいじくりたおしていた中学生時代。
MDに憧れつつも、友達のDATを借りてFMを録音してもらっていた高校生時代。
最初に買ったPCは、VAIOのPCV-S510でした。

その後、初めて買ったノートパソコンが、VAIOのC1Sでした。
今思えば、貧弱なスペックだけど、持ち運びも便利で値段もお手頃だったな。
会社のディスプレイにつないで、仕事でガンガン使ってたなー。
専用のPORTERのケースも買ったし。

今思えば、「なんか凄そう!」とか、もの凄く抽象的な「ワクワク感」があったような気がします。
斬新だったのかもしれませんね。
それが、ソニーらしさなのかな。
なんかよくわかんねーけど、カメラ内蔵させちゃったよ、どう?すげーっしょ?みたいな感じねw

そういうドキドキを一時期のソニーからは感じなくなったりしていましたが、SO905iCSのように、カメラ重視の携帯電話を出してくれたり(まぁ、ソニエリだけども)、こういう賛否両論ありそうなデザインだけど「おっ?」と思わせてくれたりする商品を出してくれるのは、ソニーファンとしては、ちょっと嬉しいです。

「で、お前は買わないの?」と言われたりするのですが、今の所買う予定はないなー。
MacBook買ったばっかりだしね。
「じゃあ、MacBook買ってなかったら、買ってた?」とも聞かれましたが、それも無かったろうな。
家で使っているメインPCをMacBookにスライドするっていう方向性だったしね。

今の自分だったら、MacBookAirの中古を買うだろうなー。(中古かよ!)

でもさー

すげー欲しいよ!まじで!!w

Sony Style(ソニースタイル)

VMware Fusion2を買ってみた。

僕が購入したMacBook然り、最近のMacはWindowsのOSを入れれば、Windowsが動きますよーと言うのは、皆さんご存知だと思います。
長年Windowsを使ってきた私ですが、昨年末にMacBookを購入してからは、仕事以外では全くWindowsを使っていませんでした。
もう、家でWindowsは使わないかなーと思っていたのですが、仕事の関係でWindowsも使う事が増えてきたのを機に、MacでWindowsを動かしてみるかーと思いまして、色々準備してみる事に。

bootcampというMacOSXに標準搭載の機能でも、Windowsは動きますが、OSの切り替えの度に再起動するのは面倒。
そこで、色んなサイトでも評価の高い「VMware Fusion2」を購入する事にしました。
20080108-vmware-priceoff
っていうか、購入の決め手になったのは、「新年キャンペーン 6,780円(税込)」の文字ですねw
ダウンロード版のみですが、かなりお買い得になっていたので、思わず、ポチしちゃいました。
Macの中のウィンドウの中で、Windowsが動かせて、データの移動も簡単に出来るようなので、使い勝手が良いよね。

とりあえず、ダウンロード完了したので、後でOSぶっ込んでみまーす。

なんか、ちょっとワクワクしてきたw

Mac ソフトのことなら act2.com

自分へのクリスマスプレゼント。その1

「自分へのクリスマスプレゼント」・・・という大義名分で、年末年始に自分の欲しい物を買う人は、きっと、僕だけじゃない・・・はずですw

という訳で、自分へのクリスマスプレゼント公開!

その1:Griffin Technology: iTalk Pro

iTalkPro

僕が現在使っている、iPod Classic 80GBのコネクタに差し込むだけで、iPodがボイスレコーダーになるという商品です。
この手の商品はいくつかのメーカーから販売されていますが、iTalk Proのデザインが一番好き。
ポッドキャスト用にICレコーダーを持ち歩いたりしていましたが、今はこれで十分かなーという感じ。

まだ、配信では使っていませんが、そのうち試してみようと思います。 Amazonで、54%OFFの3,430円で購入しました。
多分、並行輸入品だと思うのですが、日本語の解説書もついていて、誰でも簡単に使えると思います。

使用可能な機種を確認してから、購入してくださいね。

GriffinTechnology iTalk Pro GRI-IP-000063

楽天でも購入可能です。

送料無料!!★★Griffin Technology iTalk Pro★★ 第3世代iPod nano/iPod Classic対応!【NS…

そして、もう一つのクリスマスプレゼントは・・・また後日!!

こんにちは、MacBook。

約1週間前の話ですが、以前から欲しかった、MacBookを購入しました。
昔からMacに興味があったし、今使っているWindows機も、もう5年近く使っていて、最近は動作も重くなってきて。
ハードディスクの交換をしたりしながら使ってきましたが、そろそろ潮時かと。
今でも仕事でPCは使いますが、家で仕事をする頻度も大幅に減ったし、Macでも大丈夫かなーと思って。

SE30が80万円とかしたころから、Macが欲しかった人だったんですが、念願叶って、ついに買ってしまいました。
新しいMacBookのスペックの高い方です。

箱。
シンプルなパッケージ。この中に入ってるんだなーと思うだけでも、ワクワクします。
MacBook

開封。
他のメーカーのノートPCに比べて、梱包材なんかも少ないけど、しっかり収まってる感じです。
りんごマーク登場。
MacBook

中は二層になってて、本体と本体が入っているトレイを持ち上げると、下から簡単なマニュアルやディスク、ACアダプターが出てきます。
こういうものも綺麗に収まっているのが、すごいね。
MacBook

マニュアルの1ページ目。
「おめでとうございます。このMacBookはあなたに出逢うために作られたのです。」
と書かれています。
こんな文章が似合うのも、Macらしさ。
思わずにっこりしてしまいます。
MacBook

まだ、使い始めて数日ですが、かなり快適に使っています。
古いWindows機をメインに使っていた私にとっては、とっても快適な環境です。
サクサク動くし、殆どストレスを感じません。
ことえりも、今のところ困る事もなく使えています。ATOK入れる必要ないかも。
操作やキーの違いで、ちょっと悩む部分もありますが、その辺のお話も、そのうち書いてみたいと思っています。

当初は家におきっぱなしにする予定だったのですが、仕事場にも持って行って、スケジュール管理等に活躍中です。

いい相棒が出来た感じです。

ちょこちょこレビューしていくと思いますので、どうぞお楽しみに。

外付けHDDを注文してみた。

我が家のメインPCは、かれこれ、5?6年使っています。
以前は、内蔵のHDDを入れ替えたりとか、色々やっていたのですが、最近はそういう作業も億劫になってきまして。
さくっと繋いでバックアップを取れる方が、楽でいいかな?という短絡的な考えから、外付けHDDを買う事にしました。

選んだのは、バッファローの、HD-ES500U2という500GBのもの。
TurboUSB機能/省電力モード搭載 USB2.0用 外付けHDD | HD-ESU2シリーズ

楽天で11,471円でした(税・送料込)
EC-CURRENT楽天市場店

新しいHD-HESU2シリーズでも良かったんだけど、安くて容量が多い方をチョイスしてみました。
大事な仕事のデータからバックアップして、後はiTunesのデータ等、趣味の物を移動する予定。

今までは、バックアップとかあまり気にしてなかったんだけど、これを機に、データの整理とかもやろうかなと画策中です。
何か起きてから凹むのも嫌だしね。

多分、明日か明後日には届くので、週末は地味にバックアップ作業でもしようかと思います。