CP+2016行ってきた。

丁度、休みの日と重なりまして、パシフィコ横浜で開催されている、CP+に行ってきました。
カメラと写真映像のワールドプレミアショー シーピープラス2016

CP+ 2016

平日の木曜日が初日開催でしたが、12000人を超える入場者数だったそうです。
凄いですね。
金、土、日に行かれる方は、お早目の来場がよろしいかと思います。

色んな最新機器が展示されていましたが、個人的に幾つか気になったものがあったので、メモしておきます。

DJI Ozmo


分かりやすく言うと、走りながら撮っても、ぬるぬる滑るように動画撮影できるカメラです。
YouTubeにも沢山作例があります。

会場でレンタルしていたようですが、時間が無かったので、断念。
ちょっと持って触ってみました。
スマホで画面を確認するのは、やっぱり少しタイムラグがありますが、それはすぐに慣れそうでした。
楽しそう。欲しいです。
DJIはドローンのデモをやったり、なかなか大きな規模の展示を行っていて、力が入っているように感じました。

Canon PowerShot G7 X Mark Ⅱ
前からキャノンを使っていたのもあって、気になっていたのですが、フォーカスのスピードも速いし、すごく使いやすくなっていました。

液晶がものすごく見やすかったのも感心しました。
反応が良いし、見やすかったです。

中でも一番気になってて、触ってみたかったのが、
FUJI FILM X-Pro2
これ、一番良かったです。
2016-02-26_02-42-01
持ってる感じとか、操作感とか、作りとか、ファインダーを覗いてる感じとか。
個人的に一番しっくり来ました。
所謂、EVF(電子式ファインダー)と液晶画面、どちらでも撮れるのですが、EVFをOVF(光学ファインダー)に切り替えることが出来るんです。
これで覗いた瞬間、子供の頃に親が使っていたミノルタの古いカメラを思い出して、泣きそうになりました。
正直、EVFはやっぱりEVFで、どのメーカーも「うーん」と思ってしまうのですが、OVFだから感じられるリアルな感じがものすごく気持ちよかったです。
OVFモードだと長いレンズを使ったりすると、ファインダーの中にレンズの頭が映り込んじゃったりするので、微妙な感じなのですが、短いレンズの時は、すごく見やすいし、使いやすかったです。
液晶もすごく良いので、EVFが苦手な人でも使いやすいような気がしました。
フィルムのシミュレーションモードも楽しいし、「写真が撮りたくなるカメラ」でした。
説明のお兄さんに色々レンズも試させて貰って、凄く良いレンズと巡り会ってしまったり!
(家で値段調べたら、結構なお値段でした…)
お値段的にはレンズを組み合わせるとなかなかなお値段ですが、個人的には一番欲しくなったカメラでしたよ。

SIGMAとかPENTAXとかSONYとかは触ってみたかったんですが、待ち時間が凄かったり混雑してて触れませんでしたが、仕事の関係で見たかったライティングの機材のお話が聞けたので良い収穫になりました。
新しいカメラ欲しいなぁ。
なんやかんやと考えると、それなりのお値段のものを買わないと、今の仕事に役に立たない事も分かり、勉強になったり、楽しかったり、わくわくしたりした一日でした。

最後に、ぷらっと歩きながら、Powershot S120で撮った一枚を。
Yokohama,Kanagawa

一番最初と最後の写真は、Lightroomでちょちょっと加工してあります。
Lightroomも色々触って勉強しないとな。

コメントを残す