F-04Gのデザインをチェック!

日々持ち歩くものですので、スマホのデザインは気になるところ。
F-04Gのデザインも、チェックしてみましょう!

まずは正面から。
パッと見は所謂普通のスマートフォン。
正面にはハードキーは一切なく、メニューボタンは画面の中に表示されるタイプです。
ボタンが無いと何となく嫌だという方もいらっしゃるかと思います(私も昔はそうでした)が、使っていれば直ぐに慣れます。

F-04G-body

メニューボタンはデフォルトで4つ。
役割的には
「ひとつ戻る」「ホームに戻る」「使ったアプリ一覧」「スライドディスプレイ」
の4つです。
ボタンが4つ表示されるのは、Arrows位かと思うのですが(違ったらごめんなさい)3つボタンに慣れていると、ちょっと違和感があるかもしれませんが、スライドディスプレイのボタンは消すことが出来ます。
その手順などは、また別の記事で。

画面は非常に見やすいです。
屋内、室外、炎天下などなど、どの条件でも見やすいように、周囲の明るさなどに合わせて、画面の明るさや色が自動的に調整されます。
なかなか気づかないかもしれませんが、これは非常に便利です。
非常に丈夫なゴリラガラスを採用しているそうです。安心感が増します。

画面の回りは、フチの部分が少しだけ飛び出しています。
非常に分かりにくい写真で申し訳ありません。
ほんの少し、引っ掛かりがあるような感じです。
F-04G-side-1
これがあるお蔭で、非常に持ちやすくなっています。
指が引っ掛かるので、使用している最中も落下しづらいですね。
安心感があります。

上部を見てみると、普通のスマホだったら、インカメラ、スピーカー位しかない場所ですが、F-04Gには色んなものが付いている事に気付きます。
F-04G-top
中でも一番目につくのが、一番右側の光彩認証用カメラ。
インカメラで光彩認証しているのかと思ったら、それ専用のカメラが搭載されているのに驚きました。
左側には通知用のLEDランプや、インカメラなどが並んでいます。

一番上の部分は「ヘッドライン」という名前が付けられ、アクセントとしてアルミ素材が使われており、シャープな感じに仕上がっています。
F-04G-top-2
右下の部分が、ワンセグ・フルセグ用のアンテナが内蔵されています。
アンテナが内蔵されていない機種も多い中、いつでも手軽に高画質でテレビが見られるのは、嬉しいですね。

自分が使っているホワイトは、裏面に小さなドットが描かれています。
表面はしっかりコーティングされているので、剥げてくるような心配はありません。
個人的には、ブラックの加工がかっこよく見えました。
F-04G-back
カメラは上部センターに位置します。
iPhoneやXperiaのように端っこにカメラがあると、指が映り込んだり、見た目に違和感を感じることがありますが、そういう事を気にすることなく、スマートに写真を撮ることが出来ます。
隣の小さな穴が背面マイクになっており、周囲のノイズを拾って通話のノイズを軽減させます。
通話音はかなり聞きやすいですよ。

側面には、充電スタンド用の端子が剥き出しですが、安心の防水端末ですので、細かいことを気にすることはありません。
F-04G-side-2
でも、少し大きくて目立つかなぁ。

一番最初に持った時には「でか!」「重っ!」と思いましたが、持ってるうちにすぐ慣れます。
Xperia Z3を使っていましたが、持ちやすさは圧倒的にF-04Gが優位です。
但し、おしゃれかどうかというと、微妙かな?と思いました。
個人的には、少し丸みの帯びたXperia Z3のデザインが好きです。

近日中にXperia Z3との比較もしてみたいと思います。 

ケータイ会議とは?
富士通さんより、ケータイ(スマホ)の実機をご提供いただき、参加ブロガーが良い点も悪い点も感じたままレビューをする企画です。通信費等は自己負担ですが、モニター終了後は端末をそのまま使い続けることができます。

【ARROWS @】 ARROWSの情報を何でも掲載する研究所

コメントを残す