親しいお友達へのプレゼントに、ギフトカードを送った。

昨年末のお話しですが。

長い付き合いの友達の誕生日がありました。
家も職場も近く、会おうと思えばいつでも会えるのですが、なんとなく疎遠になっていたのですが、久しぶりに飲みに行こうと言う事になりました。

若い頃は、誕生日プレゼントを選んだり、サプライズを考えたりするのが楽しくて楽しくて仕方なかったのですが、今はちょっと苦手。
色々なお店を回ってプレゼントを探すのは楽しいのですが、今はプレゼントを選ぶ時間もなかなか無い。

そこで思いついたのが、ギフトカード。

コンビニなどで気軽に買えるし、貰った人が好きな物を選べるのが便利かなって思って。
プレゼントのダブりも防げるし、趣味と違う物を押しつけてしまう事も無い。

でも、ちょっと気になるのが、プレゼントの金額がバレバレなこと。
でも、もうお互い40歳だし、気持ちが伝わってれば、そんなの気にならない歳かなって。
少額の金銭を渡すよりも、ギフトカードの方がスマートのような気もします。

今回プレゼントしたのは、Amazonのギフトカード。
Amazon ギフトカード

Appleだったり、Amazonだったり、Googleだったり、今は色んなサイトのギフトカードがあるから、その人に合わせて選べるのが良いですね。
Amazonだったら、なんでもあるしね。

amazon gift card

ギフトカードをプレゼントするのは初めてだったけど、相手も喜んでくれたので、ほっとしました。
「金券」っていうイメージもあって、ちょっと抵抗あったんですけどね。

また機会があったら、ギフトカードもプレゼントの選択肢にしてみようと思った出来事でした。

“親しいお友達へのプレゼントに、ギフトカードを送った。” への5件の返信

  1. 弟のお年玉Amazonのカードにしたよ。
    音楽好きだから、選んだり、聞いたりする時間をプレゼントしたよ。
    カードは金券じゃなく、時間の贈り物と思うよ。

    1. >うさ
      とのちゃんの転勤祝もみんなでAmazonギフトにしたんだけど、
      やっぱ、いいね。すごくいい。
      好きな物を選んで貰えるのがいいなー。

  2. うん!いいよAmazonギフトカード!
    電灯とUSBマルチチャージャーとLEDになりました。

    お年玉貰った気分でワクワクするよね。

コメントを残す