Sony Ericsson「Xperia」のタッチ&トライイベントに参加してきました。

話題のスマートフォン、Xperiaのタッチ&トライイベントに参加させて頂きましたので、写真を交えて、話題の最新機種をご紹介。

ソニー・エリクソンのサイト
http://www.sonyericsson.co.jp/product/docomo/so-01b/index.html

ドコモのサイト
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/smart_phone/so01b/index.html

Xperiaは、アンドロイドというGoogleが開発したOSが搭載されたスマートフォン。
ドコモのHT-03Aに続く、アンドロイド携帯になります。
iPhoneみたいに、アプリを追加することで、色んな機能が追加出来るのも、最近のスマートフォンの特徴ですね。

カラーバリエーションは、ホワイトとブラック。
IMG_1437
IMG_1382
ホワイトは、表面がツルツルしていて、光沢のある素材です。
ツルツルしていますが、触り心地も良くて、指紋もそんなに目立ちません。
ブラックは、マットな素材で落ち着いた色合い。
こちらも指紋は目立ちません。

手に取ってみました。
IMG_1423
iPhone3GSと大きさを比較してみると…
Xperia 高さ約 119mm×幅 約 63mm×厚さ 約 13.1mm 重量約 139g
iPhone 3GS高さ 115.5 mm×幅62.1 mm×奥行き12.3 mm 重量135 g
IMG_1386
iPhoneを触ったことのある人だったら、全く違和感無く持てるサイズ。
4.0インチの画面は非常に大きくて見やすいです。
動画とか持ち歩きたくなりますね。

手に取ってみても、質感も良くて、さすがソニエリ!って感じです。
「これは、ケースに入れたくないな!」って言ってたら、
ご一緒させて頂いたsakaki0214さんに、
「ケースいっぱいありますよ!」と。
IMG_1427
ま、傷つくの嫌だしねw
ソニエリお馴染みの、PORTERとのコラボケースも、発売されるのかなぁ?
せっかくなので、おしゃれなケースにも期待したいです。

純正のアクセサリーも沢山用意されているようです。
IMG_1432

裏蓋を外せば、バッテリーの交換が可能です。
IMG_1449
バッテリーだけを充電出来るアクセサリーも、用意されていましたよ。
ヘビーユーザーの方にも安心ですね。
ちょっと気になったのは、裏蓋が、結構簡単に外れちゃう事。
素材も薄くて、簡単にひっかかってるだけなので、ちょっと不安でした。

ここからは、Xperiaの面白い機能を、少しご紹介。
Xperiaの特徴的な部分って、「つながり」だと感じました。
例えば、カメラのこの機能。
IMG_1397
携帯のカメラにも顔認識機能がついたものが増えていますが、Xperiaは更に進化。
写真に表示された名前をタッチすると、その人にメールが送れたり、電話が出来たりします。

Twitter、mixi、Facebookとの連携も凄くて、登録されている人が、どんなことをつぶやいたかなどを時間軸でずらずらーっと並べてくれます。
それが「Timescape」です。
IMG_1420
「Timescape」は自分の聴いた音楽なども管理してくれて、仕事帰りの電車なんかで見ると面白いかもしれませんね。
「あ、朝聞いたあの曲、なんだっけー?」
みたいなときに便利そう。
IMG_1442
指で画面を「つつつーっ」ってスライドすると、見られるんですよ。
この画面の中に、さっき聞いた曲や、さっきの友達のつぶやき、お昼のランチの写真などなどが、時間軸で表示されるんですよ。
これは、面白いと思いますっ!画期的!
このUIが気持ちいいんですよねー。するするするーっと上下します。

今までの携帯電話でも、電話帳に顔写真を登録したりすることは可能ですが、こんなに面白い機能がついていたら、登録してあるみんなの顔写真を登録したくなっちゃいますね。
今まで以上に、友達とのメールなどのやり取りが楽しくなりそうな気がしました。

文字入力もかなり進化しています。
最新の「POBox Touch 1.0」を搭載して、斬新な入力アシストがついています。
IMG_1416
ローマ字入力しやすいように、次に入力される可能性のある文字を、ハイライトして表示してくれます。
例えば「山田さん」と入力したいとき、最初に押すのは「Y」です。
ローマ字の場合「Y」の後に入力される可能性のあるのは
「A」「I」「U」「E」「O」などですので、その文字をハイライトしてくれます。
「Y」の後に「K」を入れるローマ字は存在しませんので、そういう文字を入力出来ないようにしてくれます。
最初は「ん?」って思うんだけど、慣れると簡単です。
ソニエリケータイを使ったことがある人だったら、POBoxの便利さはご存じの通り。
更に進化した感じですね。

ここからは、個人的な感想を。

まず、待ちに待ったソニエリ端末のドコモ復活ということで、SO905iCSを使っていた私にしてみれば、涙が出るほど嬉しいです、はいw
Timescapeも面白いと思うし、UIがいい。
ほら、思い出って楽しいじゃん。
ま、楽しいだけじゃないけども(自虐w)
簡単に振り返ることが出来るTimescapeって、個人的には非常に好きです。

私が使っている携帯は、F-01A。
タッチパネルが付いていますが、機能が限られていて、そんなに使うことはありません。
iPhoneも持っていないし、タッチパネルの操作自体に慣れていません。
そういう私の主観ですが、「やや操作しづらい」と感じました。
アンドロイド携帯は、画面の下の方から、メニューを引っ張り出したり、画面を左右にスライドしたり出来るのですが、ちょっとだけ動作が遅く感じたり。
文字入力の際も、POBoxは便利なのですが、一つ一つのABCなどのキーを押すときに、他の文字を押してしまったり。
慣れの問題かもしれないのですが、もう少しチューニングして頂けるのではないかな?と勝手に思っています。
いや、してほしいw

iPhoneが魅力的なのって、アプリが充実しているっていう事だと思います。
「こんなアプリ面白いよ!」っていう情報は、いっぱい見かけますし、iPhoneユーザー同士だと、そういう会話も多いと思います。
アンドロイドも、沢山のアプリがあるのでしょうが、今のところ、私には、まだピンと来ません。
本日のイベントにも、沢山のデベロッパーさんがいらっしゃっていましたが、素敵なアプリをじゃんじゃん開発して頂いて、ユーザーを楽しませて頂けると、嬉しいなと思いました。

そして、何より嬉しいのは、この端末が「ドコモ」から発売されると言うことです。
FOMAのハイスピードにも対応しているし、軽快に使えること間違いなし!
会場内でFOMA回線でフルブラウザとか、YouTubeとか試しましたけど、快適でしたよ。
結構な台数の端末があったのに。びっくり。

今回のイベントでXperiaを触ってみて、また、未来に触れたような気分になりました。
新しいテクノロジーに触れるって、楽しいですね。
実際に発売されるのは4月の予定。
発売されれば、また、新しい情報も出てきそうですし、ユーザーさん同士の情報交換が活発化すれば、アンドロイド携帯も、もっと盛り上がりそうですね。

4月が待ち遠しいですっ!!

“Sony Ericsson「Xperia」のタッチ&トライイベントに参加してきました。” への3件の返信

  1. ピンバック: くま
    1. >Masao.Sさん
      先ほど、記事も拝見しました。
      また、何かの機会にお会いすることがあれば、ぜひご挨拶させて下さい。
      コメントありがとうございました!

コメントを残す