初めてのすっぽん。

先日、会社の上司と関連会社の方に連れられて、生まれて初めて「すっぽん」を食べてきました。

食べに行ったのは、浅草の「本とさや」というお店。
Asakusa,Tokyo
結構有名なお店のようで、芸能人のサインが多数張られていました。

焼き肉がメインのお店なのですが、入荷しているときには、すっぽんも食べられるそうです。関連会社の方が予め調べて、予約して頂いたようです。感謝感謝。

最初に出てきたのが、カルビだのなんだのの、焼き肉達。
Asakusa,Tokyo
じゅーじゅー。
肉厚なのに、とっても柔らかいカルビでした。となりでニンニクのホイル焼きをしつつ・・・
Asakusa,Tokyo

その後に出てきたのが、すっぽんの「生き血」!!
Asakusa,Tokyo
ワインかリンゴジュースのどちらかで割って飲めるのですが、私たちはリンゴジュースをチョイス。
癖も無くて、すーっと飲めます。っていうか、リンゴジュースの味しかしないよw
でも、その生き血の中には、肝を細かく切ったものが入っているのですよ。
Asakusa,Tokyo
こ・・・これは衝撃でした・・・。
最初抵抗していたのですが、意を決して飲んでみたら、ゼリーのようなプリンのようなぷるぷるっとした食感で、癖もほとんどなく、普通に飲み込めました。
レバ刺しとか好きな人だったら、問題なく食べられるんじゃないかな?

その後、この日のメインのすっぽん鍋!
Asakusa,Tokyo
よーく見ると、関節っぽい部位ですな。

取り分けてみた。
Asakusa,Tokyo
皮膚?甲羅?よく分かんないけど、そんな感じ。
正直、見た目がちょっとグロいので、「ここはどこの部分だろう?」とかは、気になってもあまり考えずに・・・w

箸で持ってみた。
Asakusa,Tokyo
骨は細かいですね。
小さな骨がいっぱい組合わさってるんだろうなぁ・・・という感じです。

で、肝心の「お味」ですが、お肉はぷりっぷりでとってもおいしいです!!
鶏肉のもさもさした感じを無くしたような食感でした。
スープは、若干クセがあります。薬膳のスープみたいな味。
でも、ネギと春菊で臭み消しがしてあるので、そんなに気にはなりません。
僕は個人的に「軟骨系」のコリコリした食べ物が好きなので、そういうのが好きな人だったら、ぜひ食べてもらいたいな。

でも、見た目のややグロい感じや、スープの臭みは、苦手な人が居るかもしれませんね。

普通に焼き肉を食べるだけでも、とってもおいしいお店なので、浅草にお越しのときは、ぜひ覗いてみてください。
七輪のお店なんで、煙が凄いので、服装には気をつけてくださいね。

コメントを残す