お気に入りの写真をF906iのカメラで撮影して、待ち受け画面にしてみるのコーナー!!

今日は、F906iレビューのまとめサイトに頂いたご質問に、くまめがね的に答えてみたいと思います!!

頂いたご質問は、こちら。

写真(プリントアウトされているもの)をF906のカメラでキレイに撮る方法を知りたいです。今自分がとりたいのは、証明写真。プリントアウトされたもの は手元にあるのですが、どうしてもそれのデータで必要で… 他にもプリント写真をF906で撮りたいと思っているものがあるので(もちろん個人で楽しむ為なので違法ではないですよ)、是非アドバイスをお願いしま す。 証明写真の次は、お気に入りのワンコの絵葉書を撮影して待ち受け画像にしたいです♪ よろしくお願いします。

というご質問でした。

パソコンを持っていれば、写真をスキャンして、リサイズして…という事も簡単に出来るのですが、パソコンを持っていない場合や、外出先等では、今回のようなケースもあると思います。

携帯のカメラで、どこまで出来るか分かりませんが、とりあえずトライしてみましたよ!

まず、今回使った写真は、これ。
Machiya,Tokyo
4月にSO905iCSで撮影した、近所の猫の写真です。
このデータを、家電量販店にある、PrintRush(プリントラッシュ)というマシンで印刷してきました。

部屋の中で撮影する場合、部屋の照明を点けていても、場所によっては暗い場合があります。
出来るだけ部屋の明るい場所(蛍光灯のそば等)に移動します。
部屋の真ん中にテーブルがあったりすれば、テーブルの上に物を置いて、写真を立てかけたりしてみて、カメラで覗いてみましょう。

この時に、写真に照明が写りこんでいないか?カメラの影が入っていないか?を確認してください。
写真に照明が写りこんでしまうと、写りこんだ照明がUFOみたいになっちゃったり、写真全体が真っ白になっちゃったりします。
また、照明が、自分より後ろ側にあったりすると、カメラの影が写真に入り込んでしまいます。
何度か場所を変えて、確認してみましょう。

場所が決まれば、写真とカメラを固定してしまうのがベストなのですが、なかなかそんな場所もない場合もあります。
実際自分の家で撮影した時が、そういう状態でした。

で、どういう風に撮ったかというと、こんな感じ。

右手で写真を構えて、左手でF906iを持ちます。
写真を持った右手の手首に、携帯を持った左手の中指から小指の付け根辺りを当てます。
で、両脇をしめて、固定します。あまり力を入れると、プルプルしちゃうので注意w

私自身が撮った時には、写真が垂直だと、部屋の蛍光灯の光が入り込みすぎてしまうので、写真をちょっとだけ手前に倒しました。
ちなみに、写真はメガネ拭きでつかんでいます。
写真をベタベタ触って指紋だらけになるのって、何となく嫌だしね。
撮影前に、メガネ拭きや柔らかい布などで、レンズを綺麗に拭いておくのも大事ですよ。
はーはーって息をかけて、かるくふきふき。

こんな感じで、何枚か撮ってみましたよ!!
どんな感じになったかというと…

写真をF906iで撮ってみるテスト

写真をF906iで撮ってみるテスト

ちょっと暗くなっちゃったけど、なかなか良い感じだと思うのは、俺だけ!?w
待ち受け画面のサイズに合わせて、撮影する時に大胆にカットしてみました!
どちらもFlickrにUPしたので、拡大した物も見られますが、携帯の小さな画面で見る分には、問題ない画質なんじゃないかな?
ちょっと暗くなってしまっていますが、撮影する時に明るさを調整すれば、もう少し綺麗に撮れると思います。
デジカメの利点は失敗しても削除出来る事なので、色んな形でトライしてみると良いと思います。

ちょっと色合いが変わってしまうのが、気になる…という方には、こんな方法もありますよ。
写真をF906iで撮ってみるテスト
セピアで撮ってみた!!
今回はモノトーンでは撮りませんでしたが、こういう使い方も面白いなーって自画自賛ww
つーか、猫にセピア色って似合うんだなーって思った。
実際の写真とは大分変わってしまいますが、こういう使い方も面白いですね。

という訳で、撮影方法によっては、F906iのカメラでも、写真を撮って待ち受けにしたり出来そうです!
ご質問頂いた方にも、F906iのカメラを楽しく使っていただければと思います。

さて、ケータイ会議2のF906iレビューも間もなく終了ですが、まだまだレビューは続いていますよ?。
皆様のまとめレビューも、読み応えがあって面白いですよ。
ぜひぜひご一読下さい!
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

コメントを残す