POCKETRAK CXのセット内容が、そそる。

YAMAHAから、POCKETRAK CXというICレコーダーが8月下旬に発売されます。
POCKETRAK CX|製品情報|ヤマハシンセサイザー&ミュージックプロダクション

POCKETRAK CX

以前も書いた事がありますが、SANYOのICR-PS1000Mと同じ商品だと思われますが、同梱される付属品の内容が異なります。
リニアPCMレコーダー ICR-PS1000M | SANYO AUDIO

ICR-PS1000Mの付属品は

ステレオイヤホン
USB専用接続ケーブル
単3形エネループ充電池×1
ウインドスクリーン
キャリングポーチ
取扱
説明書(保証書付き)
かんたん操作ガイド

POCETRAK CXの付属品は

インナーイヤー型イヤホン
USB接続ケーブル
単三形eneloop充電池×
ウィンドスクリーン
2GB micro SDカード
CUBASE AI4 DVD
キャリングポーチ
取扱説明書
マイクスタンドアダプター

違うところに色を付けてみました。

三洋の商品が29,800円。YAMAHAが39,800円です。
機能やスペックも見ましたが、この価格帯では、なかなか良い感じだと思います。
もうね、正直、どのメーカーを選んでも、そんなに変わらなくなってきたと思います。
対応しているファイル形式と、価格と、付属品で選べば良いんじゃないかな?
後はデザインとか?もう、この辺はお好みで…。

さて、この2機種ですが、個人的なオススメは、断然、POCKETRAKの方です。

やはり、音声等を収録するようになれば、編集したりする頻度も増えると思います。
フリーソフトなんかでも色々出来ますけど、編集したり、後からBGMを追加したり、エフェクトをかけたりという作業が、断然やりやすくなりますよ。
他のソフトよりも汎用性が高いし、いろんな事に使えるしね。
後々のバージョンアップも可能だし、DTM的な事を始めちゃっても、面白いかもよ。

まぁ、ポッドキャストは100円のマイクでも出来る訳ですが、新しい機材を使う事で、そこから新しい楽しさが生まれるかもしれませんしね。

「そういえば、最近ポッドキャストやってないね?」と、ちょいちょい言われるのですが…
まぁ、そのうちやりますよ!1ヶ月空いちゃったしね。w

●YAMAHA POCKETRAK CX 【8月下旬発売予定】

“POCKETRAK CXのセット内容が、そそる。” への1件の返信

コメントを残す