F906iのカメラで、近所を撮影してみた。

1万歩歩いた日の夕方。F906iのカメラを使って、近所で写真を撮ってみました。
写真の設定は購入時のまんまですが、一部マクロだけ使いました。

写真は、Flickrにアップロードしてあり、撮影時のフルサイズ(864 x 480)も見られます。

近所の路地裏。かわいい猫が多いです。
Machiya,Tokyo

またしても猫。ちょっと光が入っちゃいました。
Machiya,Tokyo

こっからは、マクロ使ってます。
名前の分からない花。
Machiya,Tokyo

たんぽぽ。
Machiya,Tokyo

かなり綺麗に撮れるなー!正直驚いたw
色の雰囲気とか、個人的には結構好き。

F906iのシャッターは、十字キーの真ん中の決定ボタンを押すと、オートフォーカスが始まり、ピントがあった場所でシャッターが切られます。
それまでの時間は約2.5秒。
普通に、携帯のカメラでスナップを撮ったりするには問題ない時間です。

更に便利に使う方法として、オートフォーカスボタンが別に用意されています。
「通話」ボタンを押すと、オートフォーカスが作動して、フォーカスロックしてくれます。
(いわゆる、「半押し」の状態)
その後、決定ボタンを押すと、写真が撮れます。
マクロを使った写真、2枚は、お花やタンポポにフォーカスロックしてから、ちょっと横にずらしてから決定ボタンを押しています。
これ、かなり便利ですよ!
マクロボタンも用意されていて、「#」ボタンを押すだけで、マクロの切り替えが可能です。
F906i
通話ボタンに「AF」って書いてあったり、シャープボタンに、チューリップの絵でマクロを示していたりと、カメラを楽しく使えるように工夫されているんだと思います。

大きな解像度の写真も、後日改めて、ご紹介しますね。

FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

“F906iのカメラで、近所を撮影してみた。” への3件の返信

  1. ピンバック: カイ士伝
  2. 作動もサクサクだし、カメラの画質も良い。
    モトローラを使っているとどの機種でも動作が鈍くて買い換える気が起きませんでしたが、
    デザインさえ気に入ればFは「買い」ですねぇ。
    高機能化が進む中心配されるセキュリティの面もあまりユーザーが覚える事なく「指紋認証」と言う方式で対応してますし….。

    というわけで本日くまさんとお茶をした肉代官のサックリFれびゅーでした。
    モッサリ携帯が嫌いな方は是非ショップでいじってみてくださーい♪

コメントを残す