キーボードを買ってきました。

早速、買いに行きましたが、いろんな種類があるんですねぇ。
値段も色々ありまして…。

一応、自分が考えていた選択肢は、

  1. パンタグラフキーボードである
  2. 少しコンパクトサイズである
  3. 色は黒

だったので、それに絞って選んできました。

色々見た結果、購入したのは、サンワサプライの「SKB-SL08BK」というキーボードです。
SANWA SUPPLY KEYBOARD

パソコン用のデスクが小さいので、小さいキーボードを探していました。
若干、キー配列が違うのですが、すぐになれると思います。
矢印キーの位置や、ファンクションキーの位置が違うと、こんなに困るんだなぁと、改めて感じました。
SANWA SUPPLY KEYBOARD
バックスペースの上に、デリートキーがあります。
あんまり使わないので、それほど困りませんが、慣れるまではちょっと大変。

パンタグラフ式のキーボードは、薄っぺらいので好き嫌いが分かれますが、普通のキーボードよりも深く押し込む必要が無いので、僕は好きです。
このキーボードは、緩やかな傾斜がついていて、上の方のキーも押しやすくなっています。
SANWA SUPPLY KEYBOARD
普通のキーボードを使っていた人でも、この傾斜のお陰で、打ちやすいんじゃないかと思います。
キー周りが、光沢のある素材を使っているのが、ちょっとおしゃれです。

一つだけ欠点を上げるとすれば、キータッチ音が、大きいという事です。
パンタグラフ式のキーボードは、かちゃかちゃという音が大きいのですが、この機種は特に大きいです。
といっても、気になるほどではありませんが、最近のノートパソコンのキーボードよりも、確実に大きな音ですので、煩いキーボードが嫌いな方にはお勧めできません。

コンパクトサイズのキーボードですが、キーピッチは普通サイズ。
テンキーも付いているので、作業に支障もありません。

色は4色選べます。




イエローは、かなり微妙ですw

ちょっとコンパクトな物を探している方にお勧めです。

それにしても、キーボードもいろんな種類がありますね。
スイッチの種類などで、色んな違いがあるようです。
1万円以上の機種も触ってみましたが、かなり打ちやすそうでした。
ちょっと欲しかったけど、今回はスルーでw

photo

キーボード配列QWERTYの謎
安岡 孝一 安岡 素子
エヌティティ出版 2008-03

by G-Tools , 2008/03/25

コメントを残す