ドイツmusik messe 2008スタート:注目はDSソフト!?

以前、アメリカのNAMMショーをご紹介しましたが、現在、ドイツ・フランクフルトでは、musik messe 2008が開催されています。
例によって、各メーカー、新機種が続々と出てきています。

ローランドから、R-09HRが発表されましたね。
musikmesse 2008発表新製品 :: 製品 :: ローランド

これだけ新しいICレコーダーが発表されている中で、R-09の新シリーズが出ない訳が無いと思っていましたが、やっぱり来たか!という感じです。
この機種は、96kHz/24bitでの収録が可能になったようです。
やはり方向性は「高音質」になっていくのかなーという感じ。

価格などは発表されていませんが、R-09と同じくらいかなぁ?
少し値段が下がってくれれば嬉しいですね。
詳細が分かったら、書く予定です。

そんなことより!

いつも拝見している、音楽方丈記さんに、こんな記事が!
KORGの銘機MS-10がニンテンドーDSでよみがえる : KORG DS-10 SYNTHESIZER:■ 音楽方丈記 ■

こ、これは凄いよ!
とりあえず、動画を見てください。

動画が上手く表示されない場合は、
http://jp.youtube.com/watch?v=rorBOzwR3Tc
からどうぞ。

やばいなぁ…これは欲しいなぁ…。
専門学校時代に、授業でMS-10を触った事があったんですが、物凄く楽しかったんですよねぇ…。

 

世界初のニンテンドーDS専用音楽ツール・ソフト
パッチング可能な2台の2オシレーター・アナログシンセ・シミュレーター
アナログシンセ・シミュレーターで制作した音を使用した4パート・ドラム・マシン
6トラック(アナログシンセ×2、ドラム・マシン×4)/16ステップ・シーケンサー
ミキサー部にディレイ、コーラス、フランジャーの3種類のサウンド・エフェクトを装備
タッチコントロール画面、キーボード画面、マトリクス画面の3種類のノート入力モード
タッチコントロール画面によるリアルタイムのサウンド・コントロール・モード
ワイヤレス通信による複数台での同時プレイ、曲や音色の交換可能

発売は2008年7月予定だそうです。

やばい…欲しい…(笑)

KORG DS-10 | AQ INTERACTIVE
KORG DS-10 Blog

photo

KORG DS-10(Amazon.co.jp限定販売)
AQインタラクティブ 2008-07-24

by G-Tools , 2008/03/18

“ドイツmusik messe 2008スタート:注目はDSソフト!?” への9件の返信

  1. わはは。MSとDSを掛けているんですね。
    しかし、これは凄いです。ソフトシンセでは
    レガシーコレクションを僕も持っているの
    ですが、遊ぶにはもってこい。

    これでwi-fiとか使えたら面白いんですけど
    使えるんでしょうかね?

    昔のクラフトワークの電卓を思い出しますよ(笑)

  2. >HIRASAWA@Designcafeさん
    レガシーコレクション、楽しそうですね!

    DS20のスペックを見る限り、DS同士の直接通信で、音色の交換を行ったりすることは出来るようですが、インターネットを介してのWi-Fiは出来ないようです。
    確かに、ネット経由でセッション出来て、その曲を公開出来たりしたら、面白そうですね。

  3. TOTOをDLした俺としてはですね「CS80」を出して頂き「DS80」と言う事でAFRICAをカバーしたいです・・・・。

    そういえば近所の喫茶店に飾りとしてCS20があったのを思い出しました。

  4. iBandに対抗してDSBand、iDSBandとかいろいろでてくると楽しいですね
    http://jp.youtube.com/watch?v=Mh0VX74alwk
    カオシレーターといい初音ミクといい業界全体で音に触れやすくしてくれているんでしょうか
    オンチでリズム感がない自分もできたりするのかな?と思ったりw
    DS-10はちと複雑そうですけども

  5. >ハナゲさん
    あー。そう言われてみればそうかも。
    とりあえず、簡単に音が出るっていうのは、大事だと思うな。
    DS-10は、音を作る楽しさを知れると思うし、違う意味で面白いと思います。
    シーケンサーも簡単なものだし、ちょっとしたループを作るには楽しそうですね。

  6. ピンバック: 抜かずに斬れ

コメントを残す