Good bye…”D”Style

三菱電機の携帯電話事業からの撤退のニュースは、ちょっと衝撃でした。

三菱電機、携帯電話事業から撤退–従業員は再配置へ:モバイルチャンネル – CNET Japan

Japan Blog AwardのITカテゴリにエントリーされている方にも、この事を記事にされてる方がいらっしゃいます。

[M] mbdb : モバイルサイトディレクターブログ | 三菱、携帯電話機事業から撤退

No Mobile, No Life.: 携帯電話からDブランドがなくなる

僕は、D902i→M702is→SO905iCSと機種変更していて、M702isの次の機種変更を、D905iか、SO905iか、SO905iCSの、どれかにしようと思っていました。
D902iのボタン式のスライドも好きだったし、ボタン式じゃなくなった後の「すっ」と出るスライドも好きでした。
先日、神戸・大阪を旅したときも、M702isのカメラだけでは物足りなくなると思い、D902iをカメラ専用として持参しました。
今現在も、SO905iCSの画像を掲載する時には、D902iを使っています。
結構綺麗に撮れるんですよ。

そんな事もあり、Dはお気に入りなので、このニュースは、本当に残念です。

CNETのニュース記事には、

 同社によれば、2007年度の出荷台数は約210万台、売上高は約1000億円となる見込みとのこと。今回の撤退に伴う損失は、税引き前利益で約170億円という。

と書かれていました。
先日の、asahi.com:家族間通話、ドコモも4月から無料 他社に追随という記事には、

 ドコモは、無料化によって、営業利益の約1割にあたる年800億円の減収を見込むが、顧客の流出を防ぐことを優先。進学や入社のシーズンである春の携帯電話商戦は、消耗戦の様相を呈してきた。

と。

普段、何気なく使っている携帯電話。
これだけの大きなお金が動いている世界なんだなと、改めて知りました。

私は月々1万円程度の料金をドコモに支払っています。
昔だったら、1万円って高いなって思ってたのに、今は、普通の感覚になっています。
普通の感覚なのか、麻痺してるのか、考えてるうちに分からなくなってきました(笑)

「営業利益の約1割にあたる年800億円。」
簡単な暗算ですが、10割が幾らになるかは、今は考えないようにしておきます(笑)

“Good bye…”D”Style” への3件の返信

  1. 携帯を持ったあたりから三菱をしばらく使ってたので、このニュースはビックリしました。
    最近のDは知らないけど、前は少し変わった機種ってイメージで、それが気に入ってました。フリップ型とかあったし。

    そういや、携帯持ち始めた頃は、「携帯代に1万」って高いイメージでしたよねえ。なれって怖いw

  2. >こだれでらさん
    Dの個性的な感じって、熱いファンが居ると思うんですよね。
    売上高が1000億あっても、会社としては採算が取れないんでしょうね…。
    せっかく1万円以上支払っているんで、パケホーダイフルを使いまくりたいと思います!(笑)
    コメントありがとうございました。

コメントを残す