WordPressに入れたPlugin#7 : WordPress Database Backup

WordPressは、記事などの様々なデータをMySQLというデータベースに保存して管理しています。
そのデータベースを、自動的にバックアップしてくれて、メールで送信してくれるプラグインを入れています。

参考にしたのは、
WordPressの自動バックアップをGmailで取る | VIVABlog
という記事。

作者さんのサイトはこちら。
Il Filosofo ? WordPress Database Backup

インストール方法はいつもと一緒。

  1. ダウンロードして解凍したフォルダを、サーバーの、wp-content→pluginsにアップロード(readme.txtは要りません)。
  2. WordPressの管理画面のプラグインから「使用する」を選びます。
  3. 管理→backupを選択して、下の方にある、Scheduled Backupで、スケジュールとメールアドレスを設定します。

何が凄いって、バックアップした内容を、圧縮して、メールで送信してくれるという事です。
サーバーに保存するのであれば、容量がかさんでしまいますが、Gmailなどに転送すれば、容量を気にせずに済みますね。
私は、転送先をGmailにして、毎日1回送信する設定にしています。
手動で保存する設定も出来ますが、保存するテーブルの選択も出来るので便利ですよ。

今のところ、データベースがぶっ壊れるという被害は起きていませんが、最悪の事態に備えるのも大事でしょう。
WordPressを使うようになって、データベースの扱い方も、少しずつ勉強しています。
じゃないと、本当に壊れた時に、対応できなくなっちゃいますからね。

コメントを残す