OLYMPUS LS-10を触ってきた。

先日、家電量販店に行った時に、OLYMPUS LS-10が、展示されていたので、触った感想を書いてみたいと思います。

OLYMPUS LS-10ICレコーダーの販売実績No.1のオリンパス。
VoiceTrekシリーズが有名ですね。
今までのシリーズは、会議等での使用をメインに考えられていたと思われますが、この機種は、音質に拘った機種になっているようで、VoiceTrekとはラインナップを変えて、リニアPCMレコーダーという名前が付けられています。
最大24ビット、サンプリング周波数最大96kHzという高音質での収録が可能です。
VoiceTrekシリーズは、WMAフォーマットのみの対応でしたが、LS-10は、WAV、WMA、MP3に対応しているので、後の加工や、ポッドキャスト作成にも簡単に対応できます。

アルミの削りだしボディで、高級感があります。手に持って使っても、丁度いい太さ。僕は手が小さい方なのですが、片手で持ったままで、殆どの操作が可能です。
電池を入れても、165g。気軽に持ち運べる重さです。

録音レベルの調整は、右側側面のアナログダイヤルで変更します。少し硬めになっていて、間違えて触ってしまっても、簡単にレベルが変更されないようになっています。
録音レベルの変更に、ボタン操作を行う機種が多いのですが、レベルを変更したい時に、ボタンを押すと、ボタンを押す「かちっ」という音が、収録されてしまいます。
この機種のように、ダイヤル操作の物の方が、収録中に柔軟に対応できそうですね。
そのほかの操作ボタンも、かなり大きく出来ていて、通常の操作はわかりやすくなっています。
初めて触っても、操作に困ることはなさそうな感じです。

マイクの指向性は基本は、ステレオ。
指向角は90°です。
実際に聞いてみた感じですが、かなり広がりのあるように感じました。
自分が使っているZOOM H2が、XY方式なので、それに比べると当然の結果かもしれません。
マイクの指向性を、内部で変更する事が出来る、DVMという機能が搭載されています。
DVMの説明は、http://www.dimagic.co.jp/technology/soundpickup.htmlをご覧下さい。
基本のステレオ以外に、

[WIDE] 広がりのあるステレオ感で録音できます。
[STANDARD] 中抜けのない自然なステレオ感で録音できます。
[NAROW] 指向性のあるステレオ感で録音できます。
[ZOOM] モノラル録音となりますが、高指向性の録音ができます。

が、設定できるので、収録状況に合わせた設定が可能です。

単3形ニッケル水素電池2本で約16時間(16bit/44.1kHzモード)、単3アルカリ電池2本は約12時間まで収録可能。(ACアダプターは別売)
2GBのフラッシュメモリーが内蔵されていますが、SD/SDHCメモリーカードにも対応。
USB2.0対応なので、PCとの連携もスムーズです。
スピーカー内蔵だったり、三脚穴がついていたり、編集ソフトDigiOnSound5 Express for OLYMPUSが付属していたりと、痒いところに手が届くような仕様です。

一番の特徴は「メニューが日本語」という事です。
VoiceTrekシリーズを使っていた方は、同じ感覚で使えますし、レコーダー初心者の方でも、比較的簡単に使えると思います。

今までのオリンパスのICレコーダーの雰囲気を持ちながらも、一味違う機種に仕上がっていますね。
使い勝手も良さそうなので、初心者の方にもお勧めしたい機種です。
価格は、Amazonの最安で、42,209円。ちょっと高い機種ですが、スペックや機能、デザインを考慮すると、納得の価格だと思います。

photo

OLYMPUS リニアPCMレコーダ LS-10
オリンパス 2008-02-07

by G-Tools , 2008/02/24

コメントを残す