GPS機能を使って、フォトマップを作ってみた。 : SO905iCS

SO905iCSのGPS機能を使って、写真に位置情報を埋め込む事が出来ます。
それを地図に貼り付けて、フォトマップを作ってみました。
So905iCSを購入した時に、一番やってみたかったことです。

Picasa ウェブ アルバムまず、カメラ起動中に、カメラメニュー→詳細設定→位置情報自動付加設定を「ON」にします。
これをONにすると、カメラを起動する度に、位置情報を自動的に確認して、写真を保存する時に、自動的に位置情報が保存されます。

撮影された写真を、PCに転送し、フォトマップが出来るサービスにアップロードします。
今回は、Picasa ウェブアルバムを使って、フォトマップを作ってみました。
http://picasaweb.google.co.jp/kumahideki/cApjCJ/photo#map

写真がどんどん追加されれば、面白い地図になるかもしれませんね。

位置情報は、電波の受信状態によって、若干のズレが生じます。
今回の地図では、ずれたままの状態で、表示させてみました。
建物の中や、細い路地裏では、ずれているようですね。
外での撮影は、ほぼ正確な位置になっているようです。
また、FOMA圏外や、海外では、GPS自体を使用することが出来ません。

GPS情報を付加すると、撮影前に位置を確認する動作を行い、保存する際にも位置情報を埋め込むので、若干レスポンスが悪くなります。
また、バッテリーの消費も、若干早くなるので、お気をつけ下さい。
後から位置情報を追加したり、電話帳に保存した場所から選ぶ事も出来ますが、その方法は面倒だし、あまり現実的だとは感じなかったので、今回は割愛します。

フォトマップを作るサービスは、色々あるようなので、近日中にまとめてみたいと思います。

※注意※
GPS情報が埋め込まれた写真を、そのままブログ等に投稿すると、ブログサービスによっては、位置情報が残ったまま掲載される場合があります。
個人情報・プライバシー保護の観点から、GPS情報が入った写真を投稿する場合は、十分にご注意下さい。

メールに写真を添付する場合も同じです。

ちなみに、mixiは、位置情報などは削除されてUPされます。
僕は、問題の無い写真ばかり撮っているので、大丈夫ですけどね、多分(笑)

“GPS機能を使って、フォトマップを作ってみた。 : SO905iCS” への1件の返信

コメントを残す