SO905iCSで写真を撮ってみた。#3 : ホワイトバランス編

昨日、幕張に行った時に、写真を撮ってきました。
今回は、ホワイトバランスを変えて撮影してみました。

画像サイズは、3M(2048 x 1536)
モードはデフォルトの状態から、ホワイトバランスの設定を変えて見ました。
このブログのサムネイルからリンクしてある写真のサイズは、640 x 480にリサイズしてあります。

SO905iCS ホワイトバランス:AUTOホワイトバランス「オート」

実際は、もっと暗い感じですが、写真に撮ると、かなり明るくなります。

SO905iCS ホワイトバランス:蛍光灯ホワイトバランス「蛍光灯」

ホワイトバランスの設定を「蛍光灯」に変えてみました。
実際の見た目に近い、色合いになりました。

SO905iCS ホワイトバランス:蛍光灯 EV(露出):-1ホワイトバランス「蛍光灯」+「EV(露出):-1」

更に、EV(露出補正)を-1にしてみました。
一番、実際の雰囲気に近い写真だと思います。
ホワイトバランスの設定で、写真の雰囲気がかなり変わります。
普通のデジカメでも良くある現象ですね。
SO905iSのホワイトバランスのモードには、

  • AUTO
  • 電球
  • 蛍光灯
  • 晴天
  • 曇天

の5種類です。

ホワイトバランスのメニューは、カメラ起動中に、「メールボタン」を押すと表示されるメニューの、一番下にある「詳細設定画面」の「調整」の中にあります。
ちょっと深い階層にあるメニューですが、 色が変かな?と思った時は、試してみるといいかもしれません。
※追記※ カメラ起動中に、カメラをスライドすると、テンキーがメニューのショートカットになります。
テンキーの4を押すと、ホワイトバランスの変更が可能です。この方が、簡単でした。
カメラのショートカット機能に関しては、
カメラの設定を簡単にする、ショートカット : SO905iCSの「ダイレクトボタン操作」
という記事にまとめてありますので、そちらもご参照下さい。

手ぶれ補正をONにしていますが、暗い場所での撮影だったので、若干の手ぶれが見られると思います。
撮影した時は、小さな画面で見ているので、あまり気にならないのですが、大きな画像で見ると、気になりますね。

ちょっと暗い場所での撮影の時は、手ブレを防ぐ為に、カメラをしっかり構えたり、2秒のセルフタイマーを使うなどの対応をした方が良いと思います。

最後はおまけ。

SO905iCS 幕張アウトレット 正面

帰宅する直前に、ガーデンウォーク幕張を正面から撮ってみました。
これは、ノーマルの設定での撮影です。
ホワイトバランスもAUTOです。
AUTOなのが、逆にいい味を出してるかな?と思ったり。
写真的には微妙かもしれませんが、個人的な好みとしては、好きな色です。
今度こそ、明るい場所で撮りたいです(笑)

人物も撮ってみたいけど、モデルが居ない。
モデル募集中!可愛い女子希望!(笑)

コメントを残す