F705iの防水機能

ドコモの705iシリーズのトップバッターは、Fシリーズ。

防水スリムケータイ「F705i」、1月22日に発売 – ITmedia +D モバイル

IPX5/IPX7の防水機能がウリらしい。
この、防水の基準について、ドコモのホームページに書いてありました。
FOMA F705i : 防水性能 | 製品 | NTTドコモ

IPX5とは、F705iを設置したターンテーブルを回転させた状態で、2.5m?3mの距離から最低3分間12.5L/分の直接噴流をあてた後に、電 話機としての機能を有することです。
IPX 7とは、常温で水道水、かつ静水の水深1mのところにF705iを静かに沈め、30分間放置後に取り出した時に、電話機としての機能を有することです。

「ターンテーブルを回転させた」というのは、どの方向から当たってもというのの再現なんでしょうね。
1分間に12.5リットルって、結構な量だよね。
トイレに水没させたとかでも、100%大丈夫では無いだろうけど、生き残る可能性は高いだろうね。

更にホームページには、数々の「防水に関するご注意」が書いてあります。
その中で、ちょっと面白かった物を、抜粋してみたww

洗濯機などで洗わないでください。
F705iは水に浮きません。

ここまで書いておかないと、 駄目なんだろうねww

実験してる人居るかな?って思って、YouTubeで検索してみたら、やっぱり居ました。
W52CAでの実験…。

これは酷いwwww
明らかに、どこかの店員でしょww

ところで、SO905iCSは、いつ発売なんでしょうか?w

コメントを残す