WordPressのPlugin : wp-shotの設定メモ。

WordPressへ携帯から投稿する為のプラグインである、wp-shotを再設定してみました。
前回の記事よりも、もっと簡単だった事が判明w

手順のおさらいをしてみます。

解凍したwp-shotフォルダの中にある、”lang”フォルダの中にある、
“shot-ja_EUC.mo”か、”shot-ja_UTF.mo”を、ご自分のWordPressの言語コードに合わせて、変更します。

  • EUCの場合 ”shot-ja_EUC.mo” → ”shot-ja.mo”
  • UTFの場合 ”shot-ja_UTF.mo” → ”shot-ja.mo”

としてください。どちらか一つだけの変更です。
これを行ってから、サーバーのPluginフォルダにアップロードし、ダッシュボード(設定画面)→プラグインから、wp-shotを有効化してください。
これで、各種設定に「モバイル設定」というタブが表示され、wp-shotのメニューが、全て日本語で表示されます!すごく便利!
オオハシさんからのコメントで、知ることが出来ました。 ありがとうございました!

そして、自動的に記事に反映させる為の、cronの設定。
これは、wp-shot FAQのQ10に書かれてました。

Q10 : Cron が正常に動作していないようなのですが ?

A10 : トップページをソース表示にして、フッター部分に pseudo-cron-image.php を呼び出すタグが挿入されていることを確認してみてください。ご利用中のテーマファイルの footer.php に <?php wp_footer(); ?> の記述が無い場合はタグの自動挿入が働きませんので、上記のコードを </body> タグの直前に挿入してみてください。

僕が利用しているテーマのフッターには、 <?php wp_footer(); ?>が、書かれていませんでした。
WordPressの管理画面から、表示→テーマエディタ→フッターを選択して、</body>の直前に、 <?php wp_footer(); ?>を追加しました。
こんな感じです。

<?php wp_footer(); ?>    ←この一文を追加するだけ。
</body>
</html>

お使いのテーマによっては、必要ない場合もあります。

動作させる時間の設定に関しては、CRONTABの解説ページがありましたので、そちらをリンクしておきます。
Manpage of CRONTAB
真ん中くらいをよーく読むと、分かると思いますw

お陰で、やっと、携帯からスムーズに投稿出来るようになりました!!

やった!!やったよー!!w

“WordPressのPlugin : wp-shotの設定メモ。” への2件の返信

  1. わざわざのリンク、ありがとうございました♪

    moファイルのリネームは、やっておいたら、後が良いですよね。
    やっぱり設定画面を日本語で見られると、なんだ言いながら、楽ちんです。

    私もcronの動作で悪戦苦闘していたのです。
    ええ、footer.phpはちゃんと設定していました。

    WordPressの設定画面からcronの動作時間やURLを手直ししていたのですが、
    一向に動いてくれず(笑)

    で、サーバ側のマニュアルを確認して、用意されているサービスから
    wp-shot.phpのcronを設定したところ、やっと成功しました(笑)

    ※私が使っているサーバは@niftyさんのLa Coocanというサービスです。
    ※サーバ側のサービスでcronの動作を設定しましたので、WordPressの設定画面の
    ※cron周りはすべて空欄にしました。

    なにはともあれ、これで、くまさんと同様にWordPressの携帯電話からの投稿が
    可能になって、良かった良かった。

    ではでは、ありがとうございました♪

  2. コメントを拝見した後、オオハシさんのBlogでも、無事に投稿できているのを拝見しました!
    日本語設定が出来るプラグインが多いのも、wordpressの良い所だなぁと思います。

    徐々に色々試してみようと思います。
    さくらインターネットでは、cronはそのまま動くみたいです。
    もちろん、パーミッションを、755か705にしないといけませんけどね(笑)

    今後ともよろしくお願いしますー。

コメントを残す