WordPressに入れたPlugin#2 : Ultimate TagWarrior

※2008年1月14日現在、WordPressMEから、 WordPress 2.3.2に変更した事に伴い、WordPressの標準の、タグ機能を使用しています。※
WordPressに、記事毎のタグを記入するプラグインです。
このプラグインを使うと、タグを基にして、同じタグが入っている記事を「関連記事」として表示する事が出来ます。
日本語化された方のサイトから、ダウンロードしてきました。
UltimateTagWarrior 日本語版 ? MMRT daily life

ダウンロードしたファイルを解凍すると、”UTWfin-1WP2″というフォルダが出来ます。
その中のPluginsフォルダにある、”UltimateTagWarrior”というフォルダを、サーバーの、pluginsフォルダにアップロードします。
ダッシュボード→プラグインを開いて、追加された3つのプラグインを有効化しすると、管理メニューに”Tags”が追加されます。
全てのページが日本語化されているので、非常に分かりやすいです。

ヘルプファイルを読みながら色々設置してみました。

  • 投稿メニューに、今まで記入したタブを表示する。(メニューで選ぶだけ)
  • 各記事の下に、タブ表示部分を追加。(メニューで選ぶだけ)
  • タグ一覧のページの作成。(ちょっと色々作業が必要)

タグページを作る時には、ちょっとした作業が必要ですが、これもヘルプファイルを見ながらやれば、大丈夫です。
完成したタグページはこちら。(2008年1月14日、削除しました)

ここまでの作業は簡単でしたが、Seesaaからエクスポートした記事に、タグを付け直すのが面倒でした(笑)
今までつけていたタグ項目を見直して、シンプルにしてみました。
個人的に考えているルールは、「行った場所」「紹介・関連した人」「写真」「場所」「行事」「Podcast」「Podsafe」等で分類して、タグをつけようと思います。
Ultimate TagWarriorでは、「Podcast」と「ポッドキャスト」のように、同じような言葉を統一してくれる機能などもあります。凄く便利!!

次期のWordPressには、この機能が最初から実装されるとの情報もあって、どんどん使いやすくなりそうですね。

それにしても、WordPressにプラグインを入れたりするのって、LEGOで遊んでるみたいで、楽しいです。
日本語化されたプラグインとか、解説ページも一杯有るので、助かってますw

関連記事を表示する方法は、
Ultimate Tag Warriorで関連記事を表示 | caramel*vanilla
を参考にしました。
Twitterの本を書かれてる方なんですね。
僕はTwitterしてませんが、本の紹介をしておきましょう。

twitterコミュニケーション・バイブル―気軽に書ける1行ブログ ブラウザインスタントメッセンジャーケータイ対応

コメントを残す