「ヘッドホン」+萌え

ZARDの坂井泉水さんが、お亡くなりになられた時に、斎場にレコーディングスタジオのセットが作られていました。
ヘッドホン、マイク、ウインドスクリーンは、坂井さん専用のもの。
坂井さんのヘッドホンは、ASHIDA社製のST-31という物でした。
今でも定番となっている、SONYのMDR-CD900STが出回る前に、殆どのスタジオで使われていたと言われています。
坂井さんがST-31を使い続けていたのは、「声が聞きやすい」という特徴を気に入ったからというお話もあるそうです。
実際の音は、ハイファイ(死語w)とは言えない、こもった様な音ですが、それが逆に「声」という部分に限っては、聞きやすかったのかもしれません。

以前、ST-31の画像をgoogleで検索していたところ、こんなサイトを見つけました。

otakubeam atmark

かわいい女の子が、ゴツいヘッドホンをしている姿って可愛いですよね。
たまに街でも見かけますが、耳栓タイプよりもヘッドホンをしている子に、目が行ってしまいます。
今や、ヘッドホンは、ファッションアイテムの一部でもありますが、その人の音に対する拘りも感じるアイテムです。

このサイトに出てくる女の子達は、みんなヘッドホンや、イヤホンをしています。
まぁ、実際には、ELEGAやSTAXのヘッドホンをするような女の子は居ないとは思いますがw、とても可愛く描かれています。
このサイトを作られた、オオツカマヒロさんの作品が表紙に使われた、とある本が、同人誌を取り扱うお店で発売されているそうです。

その名も「萌えるヘッドホン読本」。
「萌えるヘッドホン読本」オフィシャルHP

僕がこのソースを見つけた、アキバBlogの記事へのリンクも掲載しておきます。
ヘッドホン解説+萌え 同人誌「萌えるヘッドホン読本」(アキバBlog)

この同人誌では、22名の作家さんが、17ブランド26機種のヘッドホンをしている萌え系の女の子の絵を書かれており、更に、全機種のレビューが書かれています。
全てのメーカーの許可を取り、購入方法まで書かれているそうです。
萌え系ファン以外の、オーディオファンでも楽しめる一冊になっているんじゃないかな?と思います。

ちらっと、アキバBlogで他の方の絵も拝見したんですが、オオツカマヒロさんの絵が、一番いいと思うなぁ…。
他の方の作品も、ちゃんと見たいな…。

僕が、初めて同人誌を買う日も、近いかもしれません…よw

コメントを残す